製造業への転職は未経験でも大丈夫?転職事情の実態を教えます

世の中は様々な業種の仕事があることで成り立っていますが、生涯同じ仕事をし続ける選択をする人はほんの一握りです。

ストレス社会である以上、人間関係で悩んだり、労働条件に不満を抱いたり、新しい業種にチャレンジしてみたくなったり、誰しも一度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか。

近年、そのような現職の悪環境から解放されるべく、他業種から製造業へ転職する人が増えています。

僕自身、製造業に勤務していることもあり、サラリーマンとして働くなら絶対に製造業が良いと確信しています。

この記事では、僕の製造業の経験を活かして、「製造業へ転職する人が増えている理由や製造業の転職事情の実態」について様々な角度から情報をお伝えしたいと思います。

「未経験だけど製造業へ転職したい!」と考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

製造業へ転職したいと思うきっかけとは?

製造業に従事している人の中には、前職は営業職であったり、事務職であったり、全く別の業種から転職してきた人も少なくありません。

そのような人たちが製造業に転職したいと思ったきっかけを調査してみました。

給料が低いから製造業へ転職して年収を上げたい

業種ごとに給料の相場は大体決まっているもので、建築業や、土木業等は比較的給料の高い業種として知られています。

そして、製造業もまた給料が高く設定されていることが多いのです。

営業や販売業等でも給料の高い会社は多数存在しますが、それらの場合、売り上げ成績が良い人はインセンティブが貰えて、他の人よりも高い給料を手にすることができます。

しかし当然、実力が振るわない人にとってインセンティブというシステムは非常に酷なものです。

また、先月の売り上げ成績が良かったからといえ、今月も先月通りの良い成績を維持できるとも限りません。

毎月安定した給料をもらいたいと考える人にとっては、かなり働きづらい条件で働かなくてはいけなくなります。

また、残業が少ない事務職では、会社に拘束される時間は少なく、プライベートの時間を充実させやすいものの、年収が少なくなってしまう事は否めません。

このように、製造業に転職を決めた理由で最も多く聞かれたのは、

・現職よりも年収の高い職業で、毎月安定的に高収入を得たいと考えた結果、探してマッチしたのが製造業だった。

という意見でした。

残業が多いから製造業へ転職して労働時間を減らしたい

労働力の対価として賃金が発生しますから、残業が多いと必然的に給料は多くもらえます。

しかし、収入には不満がないものの、労働時間が長いせいで身体を壊してしまったり、家族と過ごす時間も少なく、家庭不和に陥ってしまう人も実に多くいるのが現状です。

その点、製造業の中でも工場の生産ラインなどの場合には、交代勤務で持ち場を回しているので、何か突発のトラブルがない限り勤務時間を過ぎたら次のシフトの人に引き継ぎ、定時で退社することが可能になります。

現職の会社が残業が多く、精神的にも肉体的にも疲れてしまった人が、残業が少ない会社を求めて製造業へ転職するケースが非常に多くなってきています。

休日が少ないから製造業へ転職して休日を充実させたい

会社によって年間休日数はまちまちで、休みの少ない会社や有給が取りにくい雰囲気の会社で働いているとプライベートの充実感は得にくいでしょう。

そんな会社で働いていると、一体何の為に仕事をしているのか分からなくてなってしまうのも無理はありません。

特に、一般的な中小企業は休日も少なく、在籍する社員の人数が少ない会社では、有休が取りにくい雰囲気があります。

嬉しいことに製造業の中には、比較的休みが多い会社、休みが取りやすい会社というのは沢山あって、休みの多さに惹かれたのがきっかけで、思い切って製造業に足を踏み入れたという転職理由の人も沢山いました。

 

製造業の職種には何がある?

製造業とひと口に言っても、具体的にどんな仕事があるかご存知でしょうか?

製造業では、同じ会社の中でも作業工程が分かれていて、部署ごとに職種が分かれているのです。

また、製造工程の一部のみを専門的に請け負っている個人や会社もあります。

製造業に興味がある方、転職を考えている方に向けて、製造業に属する職種をいくつかピックアップしてみました。

機械設計

機械を製造する会社などで取り扱う機械を設計するのが、製造業の中の機械設計の部類です。

私が実際に製造業の機械設計職なので一番に挙げさせてもらいました。

機械設計は、新しい商品の開発には欠かすことのできない仕事で、活躍の場は広く、大手のゼネコンや電機メーカー、製作所、機械設計事務所が主な就職先となるでしょう。

乗り物から精密機械、スマートフォンやパソコンなどの機器、重工業に用いる機械に至るまで、とにかく機械製品を作るにはまず設計をしなくてはいけません。

機械を設計するためには、もちろん知識が必要となります。

設計する製品によって習得しておくべき知識は違ってきますが、製図の方法や、構造力学、熱力学、流体力学などの知識があると仕事に役立つでしょう。

機械設計は、製造業の中で最も頭脳を使う仕事で、ベテランになるまでには時間がかかりますが、キャリアを積むほどに収入がアップする傾向があります。

知識やアイディアを活かして自分が設計を手掛けたものが、商品化され、実際に世の中に出回ると考えたらワクワクしますよね。

資材調達

製造業における資材調達とは、製品の製造のために使う材料の仕入れや、業者の在庫管理を主に担います。

新しい製品を生み出すわけでもなく、創り上げるわけでもない地味な仕事だと思ったら大間違いです。

会社にとって製品を作る最大の目的は利益を生み出すことです。

製品を作るためにいかにコストを安く済ませられるかで、会社全体の売り上げが大きく違ってくるため、資材調達部門はとても重要な役割を担っていることがお分かりでしょう。

材料の仕入れ先の選定や、価格交渉は、資材調達の腕の見せどころになります。

この他、資材調達の仕事では、注文書の作成や、書類の送付などの事務的な仕事も多数あるのです。

外部の業者と接する機会も多いため、資材調達の仕事をするならば、コミニケーション能力は鍛えておきたいところです。

溶接工

溶接とは、材料を加熱したり、加圧することで、2つの材料を接合、接着させることを言い、溶接工の仕事は大きく分けて融接、圧接、ろう接の3つに分けられます。

融接とは、材料に熱を加えて溶かし、材料を接合させます。

熱を加えられた材料同士が冷えることで、しっかりと固まり接合される溶接の基本となる方法です。

求人サイト等でよく見かける「アーク溶接」とはこの方法を用いた仕事になります。

圧接とは、専用の機械を使い、材料に圧力をかけて2つの素材を接合する方法で、金属製品を作るときに良く用いる方法です。

ろう接はろうを溶解剤として用いて、材料を溶かすことなく接合する方法です。

ろうの他、半田付けもろう接の部類に入りますね。

いずれかの方法で溶接し、製品を作り上げることを溶接工と呼び、自動車の部品や機械、公園の遊具など様々な製品を作り出すのには欠かせない仕事です。

溶接工の魅力は、なんといっても高収入を得やすいことです。

正規雇用はもちろんのこと、非正規雇用でも多くの場合、月給制で採用されることがほとんどです。

技術が必要な職種のため、溶接工の平均月給額は30万円を超えるケースも少なくありません。

さらに、溶接技能者よりも上の資格である溶接管理技術者になれれば、収入もさらにアップします。

機械組立工

工場内での仕事と言えば、最もイメージしやすいのが、組み立て業務ではないでしょうか。

機械組立工の仕事でも、担当する作業が細かく分かれており、1人が同じ作業を繰り返し行うレーン作業と、1人がいくつかの工程を踏んで商品の完成までを担うパターンの組み立て作業があります。

当然、組み立てる製品は会社によって仕事内容が変わってきますが、機械組立工の収入も溶接工同様に高めに設定されています。

基本的に製造業の職種は高収入であることが分かりますね。

機械の組み立ての仕事は、何より集中力と正確さが求められます。

黙々と作業をこなすことが好きな人にはお勧めの仕事と言えるでしょう。

人付き合いが得意ではないという人でも、ストレスが少なく働けるのではないでしょうか。

機械オペレーター

機械オペレーターとは、工場での製造に使用する機械を操作する技術者のことを指します。

初めはは戸惑うこともあるかもしれませんが、機械の操作マニュアルを把握してしまえば、未経験の方でもすぐに仕事を覚えることができるでしょう。

この他、日々操作する機械の手入れや、不具合や誤作動がないかのチェックも円滑に業務を行うためには欠かせません。

昔からそうですが、特に最近ではどの工場でも安全には特に力を入れており、安全に関わる部署があることも珍しくありません。

チェックリストやヒヤリハット予知、指差呼称の徹底を義務づけられています。

少し話がそれてしまいましたが、機械オペレーターは、製造業に従事するための特別な知識や技術がなくても従事しやすい仕事のため、異業種からの転職を考えている人にはお勧めの仕事です。

出荷検査

工場内で製造された商品を出荷する前の段階では、必ずチェックが必要となります。

生産した部品や、製品の中に不良品が紛れていないか、人の目でチェックをする目視検査の他、検査専用の機械を導入して、機械によって自動的に不良品を振り分けることもあります。

きちんと検査がなされないまま不良品を出荷してしまうと、会社の信頼を損ねることにもつながってしまうため 、華やかな仕事ではありませんが、とても重要な仕事です。

設備保全

設備保全は、工場内の仕事を円滑かつ安全に行うために点検や修理をすることを指します。

製品を作るための機械が故障し、停止してしまっては、製品生産数の減少や納期遅延など、生産に関わるコストなどに大きな損失を与えてしまいます。

そうならないためにも、普段から機械にトラブルが起こらないように点検することは重要なのです。

また、トラブルが起きてしまった際には、一刻も早く原因を究明し対処することで損失を最小限にとどめます。

 

このように、製造業にはいくつかの工程や業種に分けられており、それぞれ業務内容や必要な知識・技術も異なります。

製造業の中から自分の適正に合った業務が見つかれば、ワークライフバランスが取れた生活を実現できるでしょう。

 

製造業への転職が未経験でも可能な理由

高卒のニートでも就職できるって本当?おすすめの仕事を紹介します

転職をする際にはどんな職種でも経験者が優遇されやすい傾向にありますが、製造業では未経験者の採用に積極的な会社も多く、未経験からの転職がしやすい業種として有名です。

その理由は下記のようなことが挙げられます。

製造業は単純作業が多く仕事を早く覚えられる

製造業では、製品を作り上げるうえで、生産工程が決まっており、マニュアルに従って業務をこなしていくのが基本です。

業務の中には、マニュアル通りの機械操作や荷物の積み下ろしなど、単純作業が多く含まれているため、難しい知識や技術を必要としない仕事では未経験者であっても早く仕事が覚えられるのです。

機械を操作することが初めての人でも、マニュアルに沿って毎日機械を操作しているうちに自然と体が覚えてしまうことでしょう。

製造業は未経験でも受け入れてくれやすい

製造業では、学歴や経験を問わずに採用されされやすい傾向があり、異業種からの転職希望者でも受け入れてくれやすい環境と言えます。

特別な知識や資格がない状態で入社しても、仕事をしながら知識を身につけることができる業務内容がたくさんあるのです。

特に、業務内容が単純作業の仕事では、未経験者であろうと積極的に採用をしてくれます。

製造業では、実に多くの人が未経験者で入社しているので、転職をする際に、製造業に関する知識不足を心配する必要はないでしょう。

製造業の求人は他の業種より多い

求人情報を探してみると、製造業の求人は他の業種より多くあることに気がつくと思います。

人々の生活を豊かにするためには、製品を作り上げることが欠かせないからです。

また昨今では、働き手が少ないことから労働力不足で悩む企業も多く、製造業もまた例外ではないのです。

機械を使って製造するとはいえ、設計から組み立て、検査まで人の手が介入せずに製造は出来ません。

このような背景から、製造業ではたくさんの労働力が求められているので、必然的に求人数も多くなるのです。

とくに最近では人手不足が深刻化しているので、未経験者であっても採用してくれる企業は多いでしょう。

 

製造業へ転職するメリット5選

製造業に従事するメリットは実にたくさんあります。

ですから、近年、製造業が注目を集めており、転職を希望する人も年々増えてきています。

製造業へ転職するメリットを5つに絞ってご紹介しましまょう。

人と関わることが少ないためストレスが少ない

人とコミニケーションを取ることが苦手という人も多いのではないでしょうか?

人付き合いが苦手な人には、製造業が特にオススメです。

というのも製造業では主に機械を操作して製品を作り上げることが業務内容なので、接客業のように流暢な会話を求められることはありません。

もちろん、指示を受けたり、業務報告のために上司や同僚とコミニケーションを取る必要はありますが、1番重要とされることは与えられた作業をこなすことなので、必要以上に人と関わらなくても仕事は成立します。

ですから、人と関わることが少ないため、人間関係のストレスを感じにくいのです。

自分のペースで仕事ができる

製造業では比較的自分のペースを保ちながら仕事をすることができるでしょう。

工場でのレーン作業は特に、時間内に自分に割り当てられた作業をこなしていきます。

人を相手にする仕事だとどうしても、相手の都合によって超過で働くことになってしまったり、予定をキャンセルされてしまえば、仕事が延期になってしまうこともあります。

仕事終わりに予定を入れていたのに、取引先やお客さんの都合で仕事が押すことが続いてしまっては、プライベートの予定が入れにくいですよね。

その点、製造業は基本的にはシフト通りに出勤して退社が出来るので、自分のペースで仕事ができます。

製造業は他の業種よりも給料が高い

製造業で働く最大のメリットは、他の業種よりも給料が高く設定されていることでしょう。

事務職などに比べると、基本給は2万円〜5万円程度高く設定されています。

この他に、工場勤務で夜勤がある場合には、夜勤手当が支給されるので、さらに月収は高くなります。

何より、製造業ではボーナスを支給する会社が多く、支払われるボーナスの金額も高めです。

運良く、大手の工場に勤務することができれば、100万円以上のボーナスを手にすることも夢ではありません。

一般的な企業では、出世コースに乗れるのは大卒以上の学歴を持つ人たちであることがほとんどですが、製造業では高卒でも出世しやすいので、役職がつけば役職手当も支払われ、より高収入を得ることができるでしょう。

安定した工場で働くことができる

大企業が保有する工場で働く場合、収入面や福利厚生も充実しており、安定的な生活を送ることができるでしょう。

大手の工場なら、給料も安定して支払われますし、ボーナスや昇進など、金銭的にはかなり恵まれた待遇になります。

福利厚生面では、住居手当、家族手当、財形型貯蓄など、お金に関する手当や取り組みがあったり、リフレッシュ休暇や、フィットネスジムの利用料を負担してくれるなど、会社によって魅力的な福利厚生を整えているところも多く、従業員のモチベーションも上がります。

給料水準が高く、福利厚生が整った大手企業で働こうと思うと、有名大学を卒業して過酷な就職活動を勝ち抜かなければいけないイメージがありますが、製造業では、高卒でも大手企業に就職できる確率がうんと高まります。

有休休暇を取りやすい職場が多い

工場では、従業員の人数が多いので、有休休暇を取りやすいのも魅力です。

シフト制の職場に配属された場合には、自分の都合に合わせてシフトを組んでもらえるので、休みたい日にちに休日を合わせることも可能です。

シフト制ではない日勤の仕事だったとしても、従業員数が多ければ、普段自分が任せられている業務を代替してもらえるので、有休を取るときも肩身の狭い思いをせずに済みます。

会社に有休取得制度があったとしても、社内が有給を取りづらい雰囲気ではなかなか有給申請をしにくいですよね。

製造業ではその点を心配することなく有休休暇をとれるので、ワークワイフバランスがとりやすく、生活に満足感を感じやすいでしょう。

 

製造業できついこと4選

どんな仕事でも、メリット・デメリットは必ずあります。

転職を検討する際に、製造業において、きついと言われていることも予め知っておく必要があるでしょう。

体力的にきつい・交代勤務で身体を壊すことも

製造業のうち工場勤務では、24時間稼働している工場もたくさんあります。

そのような工場では、2交代制や3交代制でシフトを組んで仕事を回しています。

きちんと休みは取れるとはいえ、夜勤や日勤を代わる代わるこなさなくてはいけないので、体のリズムが崩れてしまい、体を壊してしまうことも。

職場によっては、立ち仕事がメインであったり、ずっと座ったままの体勢で仕事をしなくてはいけないところもあります。

大型の製品を製造する工場では、毎日重い荷物を運ばなくてはならず、腰を痛めてしまうこともあります。

精神的、体力的にタフな人でなければ、製造業はきついと感じるかもしれません。

怪我をする危険性がある

製造業の現場では、集中力が途切れて注意力散漫になってしまうと、怪我や事故に繋がり兼ねません。

工場での作業中に誤って機械に指を挟んでしまったり、荷物や機材を足に落としてしまったり、特に重機を取り扱う場合には注意が必要です。

ですから、日頃から機材のメンテナンスをしておくことなどの安全管理をしっかりとして、業務に入る際には気を引き締めることで、事故や怪我のリスクを大幅に低下させることができるでしょう。

仕事が単調でやりがいを感じられない

流れ作業での組み立てや出荷検査などの仕事は、専門的な知識が必要でないことも多く、高卒でも受け入れられやすい仕事です。

仕事に慣れるまでもそう時間はかからないでしょう。

しかし、業務内容が単調な分、仕事に対するやりがいを感じられなくて、飽きてくるかもしれません。

創意工夫をして自分の企画が認められたり、お客様と対面して直接感謝の気持ちを伝えられるようなことがあれば、仕事に対する大きなやりがいを感じられるはずですよね。

しかし残念ながら、製造業ではやりがいを感じる機会が他の業種よりも少なく、仕事に慣れてきた頃には仕事に対する意欲が低下してしまうことも考えられます。

職場内の人間関係が複雑なこともある

製造業では、職場が閉鎖的なところが多く、楽しい人間関係を築ける職場もあれば、人間関係が複雑な会社では、会社の雰囲気の悪さが顕著に見られます。

社内に派閥があったり、性格に難のある人が社内で幅を利かせているような職場に就職してしまったら、閉鎖的な空間の中で人間関係の複雑さに悩みが尽きないでしょう。

もちろん、製造業といえども社内の雰囲気が明るく、人間関係が円滑係な会社もあります。

しかし、社内の人間模様や、雰囲気までは実際に就職してみないと知ることができませんよね。

転職前に会社の雰囲気を知る方法として、給与面では高待遇なのに通年を通して求人募集がある会社では、もしかしたら人間関係の歪みがあるのかもしれません。

 

製造業に向いている人の特徴とは?

どんな職種でも、向き不向きといった適正があります。

製造業に向いている人の特徴をいくつかピックアップしてみました。

自分の性格や思考、特徴が当てはまったのなら、転職先として製造業を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

ものづくりが好きな人

最近流行りのDIYや、工作、手芸など、ものづくりが好きな人は、製造業との相性がバッチリでしょう。

製造業は、人々の暮らしに必要な製品を作り出すのが仕事です。

医療機器を作ることもあれば、自動車の部品、スマホ等の液晶画面、農耕用の重機、精密機械に至るまで、製作する製品の種類は多岐に渡ります。

もともとものづくりが好きで、プライベートで何かしらものを作ったことがあるという人は、ものづくりのセンスがあるのでしょう。

また、ものづくりをした経験は製造業での現場で生かされることもあります。

マイペースな人

周囲からよくマイペースだと言われる人も、製造業なら快適に仕事ができるかもしれません。

まずはマニュアルを覚えて、手順通り作業できれば、問題なく仕事をこなすことができますから、難解なことを身につけておく必要は特にありません。

また、製造業では休みが取りやすい環境にあるので、シフトを組む際に自分の希望する休みを伝えれば、だいたい自分の希望通りに休暇を取得できます。

多趣味でプライベートの活動時間を確保したい人なら、カレンダー通りに仕事がある会社よりも、シフト制の職場の方が性に合っているのではないでしょうか。

頭で考えるより体を動かすのが好きな人

製造業の多くは、頭で考える仕事よりも、体を動かす仕事の方がメインとなります。

ですから、学生時代は勉強が得意ではなかったという人でも、働きにくさを感じないでしょう。

むしろ、荷物を運んだり、日勤と夜勤を交互にこなす製造業は体力勝負なところがあるので、タフで体を動かすことが好きな人に向いている仕事です。

体を動かす仕事なので、座りっぱなしのデスクワークの仕事よりも、健康的でいられるメリットもあります。

学生時代はスポーツに励んでいたという体力自慢の人なら、製造業では重宝される人材となり、大いに活躍できるでしょう。

手先が器用で繊細な人

製品を作る仕事ですから、手先が不器用な人よりも、断然手先が器用で繊細な人の方が製造業には向いています。

手先が器用であることは、製造業において宝のような能力です。

特に細かい部品の製造ともなると、少し神経質なくらいの性格の方が、ミスも少なくより良い仕事ができるでしょう。

もし機械の操作や検査をする人が手先の不器用で大雑把な人の場合、いくら気合いを入れて製品を作るとしても、ミスが多くなってしまうことは言うまでもありませんね。

 

製造業へ転職する際のポイント

転職を決意し、一歩踏み出すにも大きな勇気が必要です。

せっかく勇気を出して踏み出したのに、なかなか転職先が決まらなかったり、転職した先の職場で上手くいかずに後悔はしたくないものですよね。

そんなことにならないように、製造業へ転職する際に押さえておきたいポイントがいくつかあります。

雇用形態はかなり重要

製造業の求人は常にたくさん出ていますが、転職先を選ぶときには、雇用形態にも着目しましょう。

製造業の求人では、主に正社員、派遣(期間工)、アルバイト、パートの雇用形態に分けられていると思います。

パートやアルバイトでも、比較的に時給が高く設定されているので、お金が稼げるイメージの強い製造業ですが、安定を望むのであれば、やはり正社員の枠で採用されるのが一番ベストです。

正社員ではボーナスの支給や、昇進がありますが、その他の雇用形態ではボーナスがなかったり、正社員よりも金額が少ないことも多いので、年収に差がついてしまうでしょう。

また正社員では寮や社宅が用意されていたり、住宅手当が支給されるところも多く、これ以外にも様々な福利厚生が受けられるので、正社員で働いた方がたくさんのメリットがあります。

会社によっては、契約社員やアルバイトからの正社員登用制度を設けているところもありますから、契約社員やアルバイトからスタートしても真面目に仕事をこなして能力を認めてもらえれば、正社員にならないかと声をかけてもらえるかもしれません。

あなたがキャリアを積みたい職種を選ぼう

製造業に転職するときには、自分の興味・関心がある分野を検討するのがポイントです。

自動車が好きならば、自動車関連の製造工場を検討してみると良いでしょう。

カメラやパソコンなどの機器に興味があるのであれば、それらの部品を製造する工場を検討してみるのも良いですね。

また製造業の中でも、設計、機械組立、検査など、いくつかの職種に分かれていることをご紹介しましたが、自分の性質上、どの分野で能力が発揮できそうなのか、自分がどの分野でキャリアを積んでいきたいのかを明確にしておくと、転職したあとのモチベーションも上がり、仕事が充実するでしょう。

志望理由をはっきりしよう

どんな業種であろうと、今の仕事を辞めて新しい仕事へと転職するときには、志望動機をはっきりとさせることが内定への近道でもあり、実際に働いた後の満足感へと繋がります。

製造業への転職も同じです。

製造業に従事したら、自分は何を成し遂げたいのか。

製造業へと踏み出すことで、自分にどんな未来が開けるのか。

行動を起こす前に自分自身と向き合ってみましょう。

自分と向き合う時間を作り、転職する動機をはっきりさせることで、「自分で決めた道だ」という決意が生まれ、粘る強く頑張れるでしょう。

 

転職を考えているのに一歩踏み出せないのはなぜ?

今の会社に不満がなければ、転職という言葉すら頭をよぎらないはずです。

転職を考えているのに、実際に行動を起こそうとしないのは、一歩踏み出す勇気が持てないのでしょう。

転職をためらってしまう人にはこんな心理が働いているようです。

今より良い会社に転職できるのか不安

転職をしたとして、今よりも良い環境で働けるかどうかの保証はどこにもありません。

求人募集の詳細に書かれている内容に魅力を感じても、会社の雰囲気までは分かりませんし、もしかすると人間関係の面では今の会社の方が働きやすいかもしれない…。

何より、給料水準が高いということは、想像以上に激務なのではないか…。

など想像が膨らんでしまいますよね。

誰しも転職をする明確な理由は、「今の暮らしよりも良い暮らしをしたい」これに尽きます。

「給与面、人間関係、休暇、仕事のやりがい」これらのどれかが良くても、どれかが悪くては、結局のところ幸福感は感じられないはずです。

実際に働いてみない限り、自分に合った会社かどうか分からないことを知っているので、なかなか一歩を踏み出す勇気が持てません。

低学歴だから転職できるのか不安

就職をする際も、転職をする際も、学歴が高い方が有利であることは事実としてあります。

大卒以上の学歴でないと就くことのできない職業というのもたくさんありますし、転職サイトから情報を得れば得るほど、募集条件の中の「大卒以上」という文字が目について、自信を失う気持ちもよく分かります。

しかし、製造業の求人の多くは、中途採用であっても、最終学歴が高卒の人を歓迎しています。

ですから、学歴が低いから転職できないかもしれないと気を落とす必要はありません。

運が良ければ給料水準が高く、福利厚生が充実した大手の製造工場への転職だって可能です。

ただし、最終学歴が中卒の人では、製造業であっても転職活動は簡単ではないでしょう。

やはり求人募集の詳細には、応募条件が「高卒以上」となっていることがほとんどです。

人気の高い大手の工場へ転職できる可能性は極めて低くなってしまいます。

それでも、中小企業であれば、巡り合わせで受け入れもらえることもあるので、中卒で製造業への転職を考えている場合は、粘り強く就職活動を続けることが大切です。

製造業の仕事は未経験だから転職できるか不安

多くの中途採用の求人では、「経験者優遇」「3年以上の経験がある人」など、経験値を重視していることが分かります。

ある程度社会人経験を積んだ人に一から仕事を教え込むことは、会社にとっては時間的なコストがかかり、デメリットになるからです。

他の会社で働いてきた分、年齢は高くなっていますから、一人前に仕事ができるようになるまでには、さらに年齢が高くなってしまいます。

退職までの年数を考えると、中途採用をするのなら、会社としてはある程度業界のことを知っている経験者を即戦力として採用したいのです。

しかし製造業の企業の場合は、多くの人材を必要としている業界のため、これまで事務職、サービス業など製造業とは無縁の仕事をしてきたという製造業未経験者でも受け入れを積極的に行っています。

現在、製造業でバリバリ活躍している人の中にも、未経験で製造業に飛び込んだ人は数え切れないくらいいますので、その点の心配は無用です。

ただ、どんな業界、どんな職種にも共通して言える事は、転職をするなら若いうちが成功しやすいということです。

働く年数が増えるほどスキルは上がりますから、会社は若い人材を求めますし、転職をした自分自身のキャリアアップも考えると、一歳でも若いうちに行動を起こした方が、理想的なキャリアに近づくことができるでしょう。

製造業へ転職するなら、経験の有無よりも年齢の壁を意識して考えることが重要です。

 

まとめ

長々と話してしまいましたが、製造業の転職事情についてご紹介してきました。

製造業の職種として紹介したものの中に、やりがいを見出せそうな仕事はあったでしょうか?

自分の適性と業務内容を照らし合わせて、相性が良さそうな仕事を選ぶのも良いですね。

転職で悩んでいる人は、今こそ自分自身と向き合うときなのではないでしょうか?

製造業への転職について真剣に考えているなら、まずは情報収拾をして、不安もあると思いますが、勇気を持って出来るだけ早く行動を起こすことが転職を成功させるカギとなるでしょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。