MENU

    工場勤務で女性におすすめの職種とは?工場勤務女性の実態含めて解説

    工場勤務と聞くと、

    「肉体労働で男性ばかりの職場」

    「力仕事ばかりで女性には務まらないのでは?」

    といったイメージはないでしょうか?

    たしかに、工業系の職種は一般的に男性社会であり、力を必要とする仕事も多いことから、活躍している女性の数は少ない傾向にあります。

    しかし、工場内では女性が多く活躍する職種もあるのです。

    働いている女性の多くは主婦層で、パートであっても働きやすい環境が整っています。

    この記事では、

    ・工場勤務で女性におすすめの職種

    ・工場で働く女性の実態

    について詳しく解説していきます。

    工場勤務をするメリットはたくさんあるので、工場勤務に興味がある女性の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

    目次
    正社員経験3年未満で転職を考えている場合、「就職カレッジ®」がおすすめです。サービスは全て無料、正社員求人で書類選考無しで、就職成功率81.1%、入社後定着率91.3%の就職支援サービスです。WEB面談にも対応しているので、現在のお仕事に悩んでいる方はぜひ登録してみてください。⇨就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

    工場勤務で女性におすすめの職種とは?

    まずは女性におすすめしたい工場勤務の職種を詳しく紹介していきます。

    おすすめの理由と合わせて一つずつ説明していきますね。

    食品製造系

    女性が多く活躍している現場といえば、食品工場での仕事です。

    全国各地にある職種ですので、場所を問わず働ける特徴があります。

    食品製造の多くは、オートメーション化されているため、難しい作業もほとんどありません。

    食品材料を機械に入れたり、機械が正しく動いているか目視で確認したり、出来上がった商品を詰めたりする作業が主になります。

    募集が多く出ているのはラインの仕事で、担当者は一つの作業を繰り返し行います。

    お弁当で例えると、流れてくるお弁当箱に、一人一つずつおかずを詰めていくようなイメージですね。

    ラインの仕事は人数が求められるので、求人も出やすく採用もされやすくなっています。

    工場によっては、製品を箱詰め・梱包して出荷までの一連の作業を行う場合もあります。

    お菓子などは軽いので、女性でも容易に扱うことができるでしょう。

    作業環境は、黙々と仕事をしている場合がほとんどです。

    食品を取り扱うため帽子・マスクなどの防護は必要不可欠になりますし、自分に割り当てられた仕事のみをこなせばいいので、他の人との会話もせずに仕事が終わることもあります。

    職場であまり他人と関わりたくなかったり、一人で黙々と作業をしたい女性に工場はおすすめなのです。

    軽作業

    求人情報を見ていると「軽作業」と書かれた職種がありますが、軽作業は字の通り、

    「専門の技術などは必要なく、だれでも簡単にできる作業」

    という意味になります。

    基本的にどこの工場でも軽作業を行っていますが、生産量が多い工場では、軽作業だけを専門とした求人を出しています。

    軽作業の一例としてよく募集されている作業として、ピッキングと呼ばれる仕事があります。

    これは、工場内にある商品を出荷するために見つけ出す作業です。

    中には製品を出荷するエリアごとに仕分けする作業もあります。

    バーコードを使ってピッキングや仕分けを行うので作業自体は簡単ですし、荷物自体も重くないので、女性にとって負担になることはありません。

    仕分け作業の中には、フォークリフトや車を使うこともありますので、免許があれば優遇されることもありますが、基本的には資格が一切無くても大丈夫です。

    主には一人で仕事を行いますが、荷物によっては他の作業員と協力して行うこともあります。

    基本的に、ずっと同じ場所で仕事はすることはないため、動きながら作業をしたいという女性におすすめです。

    その他には、工場でできた製品に仕分け用のシールを貼る作業なども軽作業に含まれます。

    昨今ではバーコードを使っての商品管理が主流になっていますので、さまざまな工場で募集されています。

    こちらの作業は一人で淡々と行う作業です。

    製造

    製造の仕事も多くの求人がありますが、製造は多くの種類に分かれます。

    中には特別な技術が必要なものもありますが、女性でも簡単にできる作業も多数あります。

    まずは組み立て・加工の作業です。

    これは、部品などを組付けていくライン作業が一般的で、反感を恐れずに言うと、単純な動作を繰り返すだけになります。

    初めての作業であればラインの流れ・ルールには多少戸惑うかもしれませんが、一日作業すれば慣れる事ができるでしょう。

    工場によっては、製造に必要な機械を操作することもあります。

    特殊な機械ではありますが、操作自体は簡単で、実際に高齢の女性が働けるほどですので心配はいりません。

    次に、検品作業です。

    検品は、出来上がった製品を世の中へ送り出してよいか、不具合・不良品がないか確かめる仕事です。

    マニュアルが完備されているので、しっかりと目視確認できれば問題ありません。

    このように製造の仕事は女性でも楽に作業することが出来ますが、現場はとにかく作業音が大きいので、初めのうちは慣れないかもしれません。

    しかし裏を返せば、黙って作業ができたり、人の声が聞こえず集中して作業ができるメリットでもあります。

    縫製

    製造の一部になりますが、女性が多く活躍している現場です。

    縫製の工場は、衣料品を製作する仕事が中心になりますが、工場によっては製品の一部に縫製作業が必要となるものもあります。

    例えば、自動車では車のシート部分に縫製が必要で、自動車製造工場にも縫製の部署があるのです。

    縫製は工業ミシンやアイロンを使用する作業ですが、これまでミシンを使った経験があまりない人でも、すぐに作業に慣れることができます。

    工業ミシンは誰でも早く縫い合わせることができるように作られた機械で、現場に入ってからでも使い方を教えてもらえますから心配ありません。

    その他にもマットやシーツなどのリネンを作る工場などでも縫製作業者を募集しています。

    作るのは服ばかりではないので、求人があれば面白い仕事を見つける事ができるかもしれません。

     

    工場で働く女性の実態とは?

    実際に工場勤務をしている女性はどのような環境に置かれているのでしょうか?

    工場勤務と聞けば女性が少ない現場のように思われ、

    「女性だと働きにくいのでは?」

    と考える人もいるでしょう。

    しかし、現在の工場は、女性も多く活躍していて、女性が働きやすい環境づくりを積極的に取り入れています。

    ここでは、工場勤務で働く女性の実態について解説していきますね。

    服装や髪型に決まりはある?

    工場勤務は基本的に服装・髪型に対して決まりはありません。

    「動きやすい服装」程度の注意はありますが、染色やピアスなどを注意されることはほとんどないでしょう。

    ネックレスやブレスレットなどのアクセサリーは作業に危険が伴うため、外さなければいけませんが、これは安全上の条件で最低限の決まりです。

    服装・髪型が自由である理由の一つが工場での作業服です。

    どんな工場で働くとしても、作業服が支給され、それには帽子や靴なども含まれます。

    そのため、服装や、茶髪、金髪と言った派手な髪色も関係なくなるのです。

    軽作業などは私服で作業する場合もありますが、その際も作業しにくい服だと自分が大変になるばかりなので、働き慣れてくると簡単な服装にシフトすることになるでしょう。

    化粧はしてもいいの?

    基本的には化粧もOKな現場ばかりですが、食品を取り扱っている工場などは薄化粧を推奨することもあります。

    これは食品に化粧の匂いが移ったり、化粧が落ちてしまうのを防ぐためです。

    他にも精密機械や化粧品工場などでは同じような理由で薄化粧を推奨しています。

    ただし、ネイルはほとんどの工場で禁止されています。

    ネイルは異物混入にもつながりますし、安全上よくありません。

    特に食品系・精密機械系では禁止にしています。

    手袋の着用を義務化している工場では問題ありませんが、作業中にネイルが割れてしまうことも多いので、あまりしている人は見かけません。

    異性との出会いはある?

    工場勤務では男女さまざまな人が働いており、実際に出会いも多くあります。

    同じ現場で同じ作業を行うので話もしやすくなり、休憩中に仲が良くなり付き合い始めるというのはよくあるパターンです。

    さらに働き方のリズムも一緒のため、休みも一緒に過ごすことができるのは嬉しいポイントです。

    工場勤務で出会って付き合い始め、そのまま結婚したという話もよく聞きます。

    工場では同じような立場の人が集まりますので、相手に対して気兼ねなく接する事ができ、気の合う人を見つけやすくなるのです。

     

    工場勤務の女性は主婦層の方が多い

    工場勤務は主婦の方にもおすすめ出来る仕事です。

    実際工場では多くの主婦の方が働いていますが、これは主婦にとっていくつものメリットがあるからなのです。

    まず、就業時間がきっちりと決められているということが挙げられます。

    多くの工場では、8時から17時の勤務であり、残業もほとんどありません。

    帰ってスーパーへ行き、晩御飯の準備もできるでしょう。

    多くの時間拘束されると困るという人であっても、シフト制の工場であれば、時間単位の調整もできるので働きやすいです。

    また、工場は給料も比較的高いので、生活費の大きな支えになります。

    そして、簡単な作業ばかりですので、初めての仕事でも続けやすいという特徴があります。

    工場勤務をしている他の主婦の方と仲良くなれば、同じ立場で話ができるのでストレス発散になりますし、自分の居場所を作ることができます。

    他にも、採用されやすいこと、辞めるのもある程度自由であるなど、主婦にとって嬉しい事だらけなのです。

    また、工場で働いている主婦の方は、工場は町中から離れた場所に位置していることが多いので、知り合いに合わずに働くことができることをメリットと感じているようです。

     

    工場勤務で女性が働くメリット

    パートでも働きやすい環境

    工場勤務では、パート枠の求人が多くありますが、その理由の一つが人員の充実を図る目的があります。

    工場は景気によって生産数にばらつきがありますから、生産数が多い繁忙期になると、パートの人員を強化します。

    そのため、求人情報で出ているパート募集は、採用されやすい傾向にあります。

    また、工場は基本的にシフト制で回していますが、パート従業員を豊富に採用しておくことで、従業員の希望に沿った勤務形態を実現できます。

    例えば、

    「〇〇日は出勤できるけど、〇〇日は休みたい」

    「〇〇日の何時から出勤したい」

    などの個人の希望を叶えやすくするのです。

    このように工場勤務は、時間単位で勤務時間の調整が可能ですし、家庭の事情で突然休みが欲しいというケースにも柔軟に対応してもらえるので、パートでも働きやすい環境が整っているのです。

    接客業などであれば、あまり多くの人員を雇えないデメリットがあり、自分が休みたい時に人員補填ができないため、希望休すらもらえないというケースもよく聞かれます。

    その点、工場勤務には時間の融通が利くため、主婦をはじめとする多くの女性が働いている理由になっているのです。

    給料がいい

    製造業に属する工場勤務は、どんな職種でも基本給が高い傾向にあります。

    年齢・資格不問で働くことができる上に給料がいいので、工場勤務は実は狙い目の職業なのです。

    コンビニやファミリーレストランなどで働く場合は、繁忙期・閑散期が分かれているため、働けない時間帯が増えます。

    そうなると当然月収も下がります。

    しかし工場勤務は8時から17時など決まった時間で働くことができ、一ヶ月あたりの労働時間がある程度固定されています。

    つまり、工場勤務は月収に大きな差が見られないメリットがあるのです。

    繁忙期には残業をしなくてはいけないかもしれませんが、その分残業代がつくので、普段より月収がアップすることにもなります。

    人間関係を気にしなくていい

    工場勤務の一番のメリットとも言えるのが人間関係です。

    工場の仕事は、基本的に他人とのコミュニケーションは必要とされません。

    というのも、個人で行う作業が多いので、他人と話さなくても業務が成り立つのです。

    接客作業のように常に他人と会話をしたり、オフィスワークのように同僚との会話を求められないので、それが気楽だという人も多くいます。

    また、工場内では機械音が鳴り響いていたりするので、他人の声は気になりませんし、人の目を気にせずに働けるので、新しい仕事に就こうと考えている女性にもおすすめです。

    工場勤務は、仕事が単純で長く働くことができますが、もしも働いている工場で合わない人がいれば、部署変更や工場自体を変えることも可能なので、気軽に応募してみると良いでしょう。

     

    工場勤務は女性でも安心して仕事ができる

    女性が工場勤務をする際は、どうしても環境面に対しての不安があると思います。

    工場と聞けば3K(きつい・汚い・危険)と呼ばれるので、工場で働くことに良いイメージを持たれていない方も多いのではないでしょうか。

    しかしながら工場では、全ての人が安全に働けるための対策がいくつも取られています。

    特に女性従業員は手先の器用さから重宝されており、近年増加傾向にあることから、女性が働きやすい現場づくりも行われているのです。

    まずは工場内の環境です。

    工場はほこりっぽい・汚い・散らかっていると言ったような雰囲気を想像すると思いますが、このような環境では製品にも影響が出るため整理・整頓・清掃が基本になっています。

    近年では、企業としての在り方(CSR)などが世の中に浸透してきていますから、職場をクリーンな環境に保ち、働きやすい環境を作ることに企業は力を入れています。

    特に化学物質を扱う工場であったり、粉塵が出やすい工場などでは人体の健康チェックなどの確認を徹底しています。

    このような背景から、町工場のような工場でない限りは、悪環境の工場は無くなってきているのです。

    それは作業する場所だけではなく、トイレやロッカーなど勤務をする際に利用する公共設備も同様で、きれいな環境を整えています。

    「ロッカーなどは男性と共用なのかな?」

    と不安に思われる方もいますが、男女別の更衣室が用意されているので安心です。

    不安な場合は、面接の時などに事前に確認を入れるときちんと答えてもらえます。

    次に、安全面です。

    工場の労働災害などのニュースを見ると、

    「工場は怪我や事故があるから危ない」

    といった印象が少なからずあると思います。

    しかしこのような事故はほとんどの場合、重機を扱う場合や製鉄所で起こる場合が多く、パートの女性が勤務するような軽作業の場合は心配いりません。

    作業に慣れるまではきちんとサポート役の人がついてくれますし、安全に誰でも出来るような作業を担当させますので、初心者だからと不安視することはないのです。

    危険の伴う作業を行う仕事の場合は資格がないと行えませんので、危険な作業をいきなり強要されることもありません。

    また、工場では安全に作業するためマニュアルがありますので、それを厳守すれば危険性は下がります。

    さらに作業する場所には危険を回避するための注意事項を張り出していたり、指差し確認の徹底なども行われています。

    その方法をきちんと守れば安全に作業を進められるでしょう。

    このような健康や安全に関する取り組みは、行政でも厳重に管理されており、全ての工場に義務付けられています。

    これらを徹底しなければ注意が入ることになり、工場側も徹底しているので、女性でも安心して働く事が出来ます。

     

    まとめ

    工場勤務は男性ばかりが働く場所ではありません。

    現在でも多くの女性が工場で働いており、年々女性の就業者数も増えています。

    工場勤務は女性でも働きやすい環境が整っており、

    ・給料がいい

    ・シフト制で時間の融通が利く

    ・労働環境も綺麗で安全面の心配は不要

    ・軽作業で単純なため長く働くことができる

    といった、パートの方にとってもメリットが多いのです。

    工場勤務の求人はいつでも出ており、働きたい時に働ける職場です。

    学歴・年齢不問の求人が多く出ており、誰でも働く事が出来る職場ですので、早速どのような求人が出ているのか見てみてはいかがでしょうか?

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    この記事を書いた人

    工業高校を卒業し、現在は機械設計を行っている二十代。
    主に自分の経験を元にして、高卒、工業高校に関する記事を書いています。

    目次
    閉じる