工場勤務あるある|工場勤務にありがちなあるあるや実態を教えます

「工場勤務ってきついのかな?」

「工場勤務をしているのはどんな人達なんだろう?」

工場で働きたいと思っている人であれば、このような疑問が浮かびますよね。

実際に工場勤務で働くことを考えると、工場は一般的な職場と違い、雰囲気や特色が色濃くありますから、事前に工場勤務の実態について情報収集することはとても大切です。

ネット上では、さまざまな工場勤務の実態が語られていますが、実際のところどうなのでしょうか?

工場勤務と一口に言っても、工場が違えば作っている物、作業内容、職場環境、勤務時間、人間関係など全てが違います。

ですので、一概に「工場勤務はこうだ」と言うことはできません。

しかし工場勤務の実態には、一般的にどの工場にも当てはまる「あるある」が存在します。

この記事では、

・工場勤務のあるある

・工場勤務をしている人はどんな人か

・工場勤務でおすすめの職種

について解説していきます。

現在工場で働こうか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

工場勤務あるある5選

工場勤務をしているほとんどの人が「あるある」と頷けるものを5つ厳選してみました。

どんな職種・業務内容であっても工場勤務を経験したことがある人なら身に覚えがあることばかりだと思います。

ヤンキーっぽい人がいるがトラブルは起こらない

工場勤務と言えば「底辺の仕事」などと呼ばれることもあり、働いている人もヤンキーが多いと思われがちです。

実際どの工場でもヤンキーっぽい人が必ずいます。

髪を派手な色に染めている、通勤する車やバイクがヤンキー仕様、服装がだらしないといった絵に描いたような人も当然います。

そう聞くとなんだか怖い職場のように思えるのですが、工場の仕事は基本的に個人でするので会話をすることもありません。

休憩時間もある程度気の合う人同士で話しているので関わりを持たずに済みます。

時間が進まない

工場勤務をしたことがある人は「時計の進みが遅い」という経験を誰しもしたことがあるでしょう。

工場勤務は単調な作業が多いため、体内時計ではそれなりに進んだと感じていても、実際の時間では数分しか経っていないということは多々あります。

特に作業に慣れてくるとこの状態に陥りやすく、ただただ手を動かし続けるという時間を何時間も過ごさなければいけなくなります。

それだけではなく作業を無心で出来るようになると、数分間の記憶が抜け落ちているような状態になり、いわゆる「頭が真っ白」の状態で無意識に手を動かしているという不思議な感覚にも見舞われます。

騒音や匂いに慣れる

工場勤務を始めた当初は工場の機械音に驚くのですが、最短でその日のうちに慣れてしまいます。

次の日からは特に気にせず作業を始められるようになります。

ほかにも、機械油の匂いや、食品工場などは取り扱っている食品の匂いなども漂ってくるのですが、働き続けるとその匂いも気にならなくなり、家に帰ると自分がその匂いにまみれていることに気づきます。

それに関連して、友達や家族には「〇〇の匂いがする」と必ず言われます。

また、大きな音の中で一日仕事をしていると、他の社員の人と会話をする際に普段より大きな声になります。

すると日常生活でも会話する声のボリュームが大きくなりがちです。

実際、入社時にはか細い声だった女性社員が、半年もすれば工場外でもかなり大きな声で話すようになっている姿を見かけます。

年齢差に関係なく友達ができる

工場では実にたくさんの年齢の人が働いています。

下は10代、上は70代まで働いていることもあり、一家のような年齢層です。

最初はその関係に慣れず、よそよそしい態度を取ってしまうかもしれませんが、毎日顔を合わせて挨拶や会話をしていると打ち解けていき、どの年代の人に対しても気軽に話しかけられるようになります。

余談ですが年上の人、とくにおじさんはギャンブルを趣味にしていることが多いので、ギャンブルをやってみたいと思っている人は手ほどきをしてもらえたりします。

また、私生活や経歴が波乱に満ち溢れている人もたまにいて、実体験を深く聞けるという他ではなかなか無い体験もできます。

気温が一番の敵になる

人間関係だったり、作業自体の辛さだったり、工場勤務には大変だと思う点がいくつもありますが、一番辛いのは気象です。

夏の高温時は基本的に汗だくになり、体臭が気になったり、あせもなどの肌にトラブルが発生したり、そもそも暑すぎて仕事ができなくなったり、悪い時には熱中症なども引き起こします。

最近では熱中症対策も取られるようになっていますが、それでも熱中症になって倒れる人がいます。

冬場はとにかく寒くなり、どんなに厚着をしても隙間風が入ってくるので作業にも支障が出ます。

山の中にある工場では通勤に使う道路が凍っていることがありますし、工場内も冷蔵庫内のように寒くなります。

機械部品の加工の都合上、恒温にしている工場もあるので、そのような工場であれば年中同じ室温で作業ができるでしょう。

 

工場勤務のパートはきつい?それとも楽?

工場勤務あるある|工場勤務にありがちなあるあるや実態を教えます

「工場勤務はとても楽だ」

「工場勤務はかなりきつい」

など、ネット上ではどちらの意見も蔓延していて、どちらが本当なのかわからなくなっている現状があります。

個人差と職場の差があることで2つの意見に分かれるのですが、具体的にはどうなのかはやはり気になると思います。

それではきついと言われる職業やどういった部分がきついのか、または楽なのかなどを詳しく紹介していきたいと思います。

これによってきついという意見、楽だという意見どちらに賛同できるかで工場勤務が自分に合っているのかを見当できるでしょう。

工場勤務がきついと感じる人の多くはその理由に「体力が持たない」ことが挙げられます。

特に機械工場や自動車工場は重い材料を取り扱ったり、立ちっぱなしの仕事が多かったりと基礎体力が必要になるのできつくなります。

その一方で、室内作業であること、空調が完備されていること、収入が高いことが大きなメリットとなり、楽だと思う人もいます。

残業の面でも、工場によっては残業がほとんど無いというところもある一方で、数時間の残業がほぼ毎日発生するという工場もあります。

これも考え方次第では、残業があるから残業代で稼げるという意見と残業がきついという考える意見もあります。

また、身体的な異常が発生するというのもきついと言われるゆえんです。

手が荒れたり、腱鞘炎になったり、肩や腰に痛みがでたりなど、それによって日常生活にも支障をきたすこともあります。

パート勤務の場合「変動性シフト」にも個人差が出てきます。

大きな工場は24時間稼働を行っている事が多く、働いている人も勤務時間が週毎に変わるようになります。

すると、深夜時間帯で働いた後、朝の時間帯になるということもありえます。

この時間帯の変更についていけないとかなり辛く感じるでしょう。

しかし慣れてくればその変動性にも対応できるようになります。

変動制でなくても毎日早朝や深夜に出勤となる会社もあるので、朝が弱い人には辛い所です。

その他には通勤や職場の環境などで合う・合わないが発生します。

これらは本当に個人差が出るので一概に工場勤務が楽・きついと断言できません。

しかしながら工場にはそれぞれの働き方がありますので、作業内容や勤務時間など、自分の体に合った作業ができるところを探してみましょう。

パートで勤務する場合、ある程度自由に辞められるというメリットがありますので、実際に働いてみて実態を知っていくのもいいかもしれません。

 

工場にはどんな人が勤めている?

工場で働いている人は、老若男女幅広くいます。

前述していますが、若い人だと10代、高齢の人なら70代でも働いている人がいます。

さらに詳しく見ていくと工場勤務にはどんな人たちがいるのかを知ることができます。

10代の若い人

高卒で就職した人や、中卒・高校中退などで働いている人も多い職場ですので、年齢を聞いてびっくりするということもよくある話です。

工場勤務では基本的に帽子とマスクをしているのでなかなか気づきにくいのですが、話してみると会話の中で「あれ?年下では?」と思うことが多々あり、年齢を聞くとかなり若かったというケースがあります。

ヤンキーっぽい人

あるあるの項目でも話しましたが、工場では大体ヤンキーっぽい人がいるものです。

しかしながらあくまでも「っぽい人」ということで、本物の不良などはなかなかいません。

学生時代にいたようなちょっと悪ぶっている子という感じです。

20代まではそういう人がいるのですが、30代が近くなると結婚する人が続出する傾向にあるため、だんだん落ち着いてきます。

そして初対面では少し怖く感じますが、話してみると気さくでいい人ばかりであることも多いです。

おばちゃん

特に食品工場に多いのがおばちゃんたちです。

短時間勤務をしていることが多く、ベテランになると仕事中でもべらべら世間話をしながら作業しています。

当然休憩時も話し続けるので巻き込まれるとなかなか離れにくくなります。

おばちゃんの中にはハキハキしていて頼れるような人もいる一方で、楽することを第一に考えて新人に仕事を押し付けたり、噂話を流したりと厄介な人もいます。

割と厄介になるのが、親切を押し付けるおばちゃんです。

良いことをしてると思い込んで、やたら話しかけてきたり、仕事は覚えているのにいちいち監視して指図をしたり、おせっかいを焼いてくるおばちゃんがどこにもいます。

最初のうちは親切な人だと思うのですが、それが毎日になると段々と断りづらくなってしまうので注意です。

訳ありそうなおじさん

工場勤務で特に機械部品の工場になると、なんとなく訳ありの雰囲気のあるおじさんがいます。

そういったおじさんは社内でも孤立している事が多く、仕事も上手とは言えないケースが多いのですが、他の人から噂を聞いてみると過酷な経験をしていたり、ドラマのような過去を持っていたりとびっくりします。

こういったおじさんは自分から近寄らなければ特に問題もないので恐れることはありません。

 

工場勤務でおすすめの職種とは?

工場勤務と一口に言ってもさまざまな職種があります。

その中でも自分に合った職種をすぐに見つけるのは困難でしょう。

そこで、工場勤務に挙げられる職種をそれぞれ詳しく解説していきたいと思います。

自分に合いそうな仕事ややってみたいと感じられる職種があればその職種に絞って求人を探してみましょう。

製造職

製造は工場勤務でも求人数が多い仕事です。

製造する製品は機械、食品、家具、自動車、おもちゃなど製品の数だけあります。

多く見られるのは食品と自動車でしょう。

食品製造の仕事は現在オートメーション化が進んでおり、人間が行う作業は原料を機械に入れたり、製造する機械を監視したり、出来上がったものを仕分けしたりという作業が多くなります。

機械や自動車製造になると部品を組んで完成品にする作業となります。

求人数としては全国でも平均値が高く、特別な資格がなくても出来る作業ばかりですので初心者にもおすすめです。

さらに一度経験すれば似たような業種で活躍出来るので転職にも有利です。

組み立て・加工

完成品に必要な部品を加工したり、組み立てたりする仕事です。

AのパーツとBのパーツを合わせる仕事や、基盤を作る仕事など作業内容が簡単であることが特徴です。

製造とは違って座って出来る軽作業が多いので、女性が多く働いている現場でもあります。

細かい作業が多い職場もありますが、マニュアルが完備されていたり、作業している人数が多いので教える人も多く、すぐにでも戦力になることができます。

ちょっとした指先を使う作業が好きな人におすすめです。

梱包

出来上がった製品を梱包して出荷する作業です。

これも工場勤務の一つです。

食品工場では梱包機械が一般化しているので、箱詰めが主になり、器用さなども必要ありません。

機械工場では、その製品専門の梱包があるので少し覚える時間がありますが、特に難しいこともありません。

梱包完了したらそれを出荷用のコンテナに乗せたり、まとめて移動させなければいけないので力仕事になるでしょう。

大型製品などの場合はフォークリフトの免許があると優遇されます。

単純作業がやりたい人におすすめです。

検品

工場内で完成した製品に問題がないか検査する仕事です。

製品として完成されているか、不良品や欠品などがないかなど細かいチェックが必要です。

機械製品では実際にテストをして不良がないか試します。

じっくりと作業を行うので集中した仕事をやりたい人におすすめです。

出荷作業

いわゆるピッキング作業で、出荷する商品を配送先ごとに仕分けたり倉庫管理をしたりする仕事です。

その他にも、製品が出荷に問題がないか調べる、出荷量や時間と言ったデータ管理なども行います。

倉庫内作業で動き回る仕事になるので、一か所にじっとしておくのが苦手という人におすすめです。

また、責任のある仕事ですのでやりがいもあり、長く続けられる仕事でしょう。

 

工場勤務に向いている人の特徴とは?

製造業への転職は未経験でも大丈夫?転職事情の実態を教えます

単純作業が好きな人

工場勤務はやはり単純作業の繰り返しとなりますので、そもそもこういった作業を苦手としている場合は不向きだと言えるでしょう。

食品工場などでは一日中流れてくる食品を眺めたり、腕以外一切動かさずに終わるということもあります。

こういった作業を毎日行う事を考えて嫌にならない人は向いていると言えるでしょう。

集中して作業ができる人

製造の仕事をする場合、集中力が必要になります。

特に細かい作業であれば、集中力がないと効率よく作業が進められません。

また、時間が進みにくいと言われる仕事ですので集中できればそういったデメリットも少ないでしょう。

集中力があればある程度の仕事はできるようになりますし、周りの評価も得られます。

他の人とコミュニケーションを取るのが苦手な人にもおすすめです。

早起き・夜ふかしが得意な人

工場勤務はとにかく朝が早い、夜が遅くなるというシフトも当たり前になります。

指定された時間帯によっては体がついていかない、慣れるのに時間がかかってしまうということもあるでしょう。

そんな時に普段から早起きや夜ふかしが得意になっていると体を慣れさせるのも早くなります。

交代制が苦手だと感じる人は、日勤のみの工場作業もありますから、求人情報を確認してみましょう。

細かい作業が得意な人

製造・組み立て系の仕事になると、細かい作業が求められます。

先程挙げた集中力にも該当しますが、元々細かい作業が得意だという人にもおすすめできます。

はんだ付けやネジ穴空けなどは器用・不器用がはっきり分かれます。

慣れてくればある程度できるようになりますが、元々得意であれば即戦力として重宝されるでしょう。

他人とのコミュニケーションが苦手な人

一般的な企業では毎日他人とのコミュニケーションが必要となります。

場合によっては知らない人と会話しなければいけないということもあり、それがストレスになってしまいます。

工場勤務では基本的な挨拶と会話以外特に他人と話すことはありません。

一人で黙々と作業ができるので、他人の目を気にしてしまう人におすすめです。

 

まとめ

工場勤務はさまざまな人が集まる場所ですので、その工場ごとに特色として現れます。

一つの工場が自分に合わなかったからと言っても、別の工場では居心地が良いということも当然ありえます。

まずは短期バイトでもいいので工場勤務を体験してみるところから始めてみましょう。

短期バイトでも一日だけという仕事もありますので気軽に参加してみてください。

工場勤務は意外と自分に合っていると感じるかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。