工場勤務の彼氏との結婚はあり?結婚後の将来を徹底解説します

「工場って給料低そうだし、結婚しても大丈夫かな?」

「工場勤務の彼氏と結婚したら世間体悪いのかな…」

工場勤務の彼氏と付き合っている女性は、このような悩みを持っていませんか?

工場勤務を続けて生活はできるのか、子供ができた時にきちんと養育費を捻出できるのか、危険が伴ったりしないのか…などなど悩みは尽きません。

しかし、せっかく素敵な人に出会えたのですから、出来れば結婚したいですよね。

この記事では、

・工場勤務の彼氏との結婚はありなのか

・工場勤務の彼氏との結婚はダサくて恥ずかしいことなのか

について、工場勤務の彼氏と結婚した場合の将来について詳しく解説していきます。

結婚後の将来が不安な方はぜひ参考にしてみてください。

工場勤務の彼氏との結婚はあり!

結論から言ってしまえば、工場勤務の男性と結婚することは「あり」です。

その理由を一つずつ解説していきます。

安定した収入がある

結婚後は夫婦共働きの家庭も多いですが、一般的な家庭を作っていきたいと考えるのであれば、やはり男性が安定した収入を得ていなければ始まりません。

工場勤務と聞くと、

「安月給できつい仕事なのでは?」

というイメージもあるかもしれませんが、実際のところ工場勤務は安定した収入に定評があります。

もちろん収入額は企業の規模によって大きく変わります。

誰もが知るような大企業で働いていれば、一般的なサラリーマンと同じくらいの年収になることもありますが、中小企業やいわゆる町工場のような小さな工場で働いている場合は少々低めになります。

しかしそれでも一ヶ月生活するだけの収入は保証されていますし、働き続けている限りきちんと支払われます。

また、ボーナスや有給休暇もありますので、一般的な水準の家庭を作ることは可能です。

正社員として成果を残すことができれば昇進もあり、当然昇進すれば給料も上がります。

安定した休みがある

工場は休みなく働き続けているというイメージは間違いです。

むしろ一般的なサラリーマンよりもきちんと休みを取ることができる職業でもあります。

休日は基本的にカレンダー通りありますし、祝祭日も休みになるので夫婦の時間を作ることができます。

また、お盆や正月といった長期休暇も取れるので、帰省や旅行と言った計画も立てやすいのです。

この安定した休みは子供ができた時にとてもありがたいものになります。

子供に関連する行事に出席しやすかったり、子供との時間も十分に取ることができるでしょう。

工場勤務の旦那さんを持つ家庭は、子供が学生になったときに同じ日程で休みを取ることが出来るメリットがあるのです。

資格取得で転職にも有利

工場で長く働いていると、必要に応じて資格取得を求められる事があります。

もちろん、資格を持っていなくても働ける職場は多数ありますが、資格取得は自由なのでいつでも受講できます。

資格取得しておくと、転職時に非常に有利になります。

もしも現在働いている会社が潰れてしまったり、経営不振でリストラになってしまった場合にも、資格と実務経験があれば他の企業へ採用されやすくなります。

特にフォークリフト、危険物取扱者、玉掛け、床上式クレーン免許などはあって損することのない資格ですので、ぜひ取ってもらうことをおすすめします。

機械オペレーターとしても働ける

機械オペレーターとは、工場で使われている機械の基本操作のほか、機械の調整・修理や取り扱い説明などを担う仕事です。

これからさまざまな産業で人間の手を使わないオートメーション化が進むと言われています。

そんな中で機械を取り扱える人材は大変重宝されるでしょう。

機械オペレーターに特別な資格は必要ないのですが、先程紹介したフォークリフト免許や機械加工技能士などの資格を取得していれば、転職がさらに有利になるでしょう。

会社によってはこれらの資格を持っているだけで、特別手当がつくこともあります。

勤務に関しての経費が安い

一般的なサラリーマンであれば、スーツ一式や仕事に使うためのパソコンであったり、資料となる本、接待費などにお金がかかります。

しかし、工場勤務では基本的に作業服は支給品で、場合によっては安全靴も支給されます。

手出ししなければいけないものは昼食代やたまに行われる飲み会の費用くらいでしょうか。

個人的に腕時計を買ったり、作業効率を上げるために工具を買う人もいますが、それも定期的に買うわけではないので安心です。

この点は一般的なサラリーマンよりもメリットがあると言えるでしょう。

保険が完備されている

工場勤務の場合、さまざまな危険が伴います。

思わぬ事故を招くこともあり気が気ではありませんが、労災と呼ばれる保険が完備されていますので、もしもの時には安心です。

もちろん、日常的にそういった危険な目に遭わないような対策はなされています。

工場勤務で定年まで働いても、怪我や事故に一度も遭わなかった人の方が多いので、さほど心配はありません。

プライベートがしっかり作られる

一般的なサラリーマンになると、同僚や上司との付き合いが当たり前で、結婚すればそれに巻き込まれてしまいます。

時には自宅で迎え入れなければならなかったり、行事のたびに挨拶をしなければならないという面倒な習慣がつきまといます。

一方で工場勤務の場合は、基本的に仕事が終われば各々の家庭へと帰るだけです。

仲のいい同僚の紹介程度ならあるかもしれませんが、「仕事として」同僚や上司に付き合うことはまずありません。

上司が仕事終わりに付いてまわる心配もありませんので、そういった付き合いが苦手な人にもおすすめしたいポイントなのです。

技術系の仕事だと言える

オフィスワークが目立つ社会ではありますが、近年ではエンジニアの方にも注目が集まっています。

特に日本の産業を支えているエンジニアは尊敬されることも多く、「素敵な旦那さんだ」と思われることでしょう。

工場勤務と説明するよりも、技術系の仕事だと説明するほうが相手にもわかりやすい上、これまで悪いイメージばかりだった工場勤務が特別なもののように思えるのです。

これは工場勤務をしている人に対しての差別を軽減させるためにも効果的です。

 

工場勤務の彼氏との結婚はダサい?恥ずかしいことなの?

工業高校から就職する際の職種選び|自分に合う職種を見つけよう!

「工場勤務」という肩書きは、人によって偏見を持たれる事があります。

理由としては、「危険、汚い、きつい」の頭文字をとった3Kの仕事と言われていることが挙げられます。

また、学歴の低い人が集まっているというイメージや、誰でもできる仕事というイメージがあるため、他の職業の人から下に見られてしまうことが多いのです。

しかし、工場勤務は決して下に見られるような仕事ではありません。

ここでは、工場勤務はどのような仕事なのか深く掘り下げていきます。

もしも自分の彼氏に対してそのようなイメージを持っているのであればすぐに払拭すべきです。

工場勤務は低学歴が多い底辺の仕事?

「工場勤務=底辺の仕事」というイメージが昔から根強く残っています。

オフィスビルで働く方が偉いと勘違いしている人も多いのですが、決してそんなことはありません。

工場勤務の仕事は、日本の経済を支える製造業の重要な役割です。

工場は肉体労働が求められる環境であり、即戦力として高卒や中卒などのいわゆる世間で低学歴と呼ばれる人を雇う傾向にあります。

しかしながらどんな工場であれ、日常生活を豊かにするためにものづくりの仕事をしています。

オフィスワークをしている人たちも日常生活に欠かせない仕事をしているはずですよね。

つまり勤務先がオフィスビルであっても、地方の工場であっても、世の中を豊かにするために働いていることに代わりありません。

労働して給与を得ている時点で、必ず誰かの役に立っているのです。

ですので、工場勤務は全く恥ずかしい仕事ではなく、立派な仕事だと胸を張って旦那さんを支えてあげましょう。

そして、職業に貴賤はないことを念頭においておきましょう。

工場勤務は汚い仕事?

工場はとにかく汚れる仕事というイメージもあるでしょう。

職種によってはそれは間違いではありません。

機械油や塗料、薬品が作業服に付いて汚れてしまうことも多々あります。

しかし、それが分かっているから作業服を着るのです。

また、一日中体を動かす仕事をしているので当然汗はかきますが、これはサラリーマンでも同じことではないでしょうか?

作業着が汚れたなら洗えばきれいになります。

そして、作業服は自宅で着るものではありません。

工場勤務は汚れる仕事ではありますが、だからといってその仕事自体がダサいわけではありませんし、むしろ汚れてしまう仕事を真面目に頑張っている旦那さんをかっこよく思いませんか?

工場勤務はブラック企業で安月給?

これもよく聞くイメージですが、全ての工場がブラック企業であれば、日本の産業は働く人がいなくなり崩壊しています。

大企業と呼ばれる会社の工場では、少しでも作業員が働きやすい環境づくりを考えてくれていますし、その分の報酬もきちんと用意しています。

また、工場勤務の仕事をしていた人の中には、

「工場勤務はブラックだから辞めとけ!」

という方がいますが、それはその人の主観であり、その人が働いていた環境によるものです。

同じ会社の同じ部署の同じ仕事で働いているならまだしも、「工場勤務」というとても大きな枠組みで考えてしまってはいけません。

製造業の給料は他の業種と比べても高い傾向にありますし、大手であれば手厚い福利厚生も受けられます。

「工場勤務の彼氏と結婚しても大丈夫かな?」

と一括りにせず、彼氏さんの置かれている環境、会社、職種、人柄を重視して結婚したい相手なのか判断するべきなのです。

工場勤務の彼氏を恥じることは一切ありません。

 

工場勤務は企業規模によって待遇の差が大きい

工場勤務の彼氏との結婚を悩んでいるなら、重要視するべきは勤め先の企業規模です。

工場勤務と一口に言っても、企業の規模によって給料、福利厚生などの待遇は大きく変わります。

ここでは、企業規模による待遇の差を詳しく説明していきます。

大企業の場合

大企業の定義はきっちりと定められていますが、ここで説明する大企業とは、日本を代表するような名前を聞くと誰もが知っている会社です。

日本では自動車、化学、食品、製鉄などの会社が該当します。

大企業の工場で働いている社員であれば、工場勤務であっても名刺に企業名が入りますし、当然所属はその企業になります。

大企業の待遇は手厚く、夏・冬のボーナス、昇進制度、福利厚生などにも恵まれています。

また、経営自体も安定していますし、例え経営が傾いたとしても、まずは子会社からの対応になるため、すぐにリストラされる心配も無いのが特徴です。

そして、なんと言ってもネームバリューが強いです。

社会的信用も高くなりますし、工場勤務特有の下に見られることも大企業であれば回避しやすくなります。

彼氏が大企業に勤めている場合は、工場勤務であっても申し分なく結婚できるでしょう。

中小企業の場合

大企業とまでは行かなくても、ある程度経営も安定している会社独自で製品を作っている企業です。

中小企業は会社によって待遇差が大きくあり、大企業のような手厚い待遇を望めることもある一方、待遇面に難のある企業もあります。

とくにブラック企業と呼ばれる企業も時折混ざっており、労働に見合った報酬を受け取ることができないケースもよく聞かれます。

しかし、最近はそういった企業を排除する動きもできており、より労働者が働きやすくなっています。

特に地元に根付いた信用のある企業であれば、将来性も確立されていますし、安心して長く働くことができます。

給与面においては大企業までとは行かなくても生活していけるだけの収入は得られるでしょう。

中小企業の工場に勤める彼氏であれば結婚は十分可能ですが、もしも会社が経営不振に陥った時のことも考えて、転職が有利になる資格を取得するよう勧めてみるのもいいでしょう。

零細企業の場合

少人数体制の企業や、有限会社の企業を指します。

規模的には一番小さなものになりますので、どちらかと言えば大手の下請け業者という扱いになる場合もあります。

とにかく少人数でのやりくりとなるので、給与面は平均より低く、ボーナスも期待できません。

また、企業内での役職も意味があって無いようなもので、昇給につながることはまれでしょう。

零細企業の工場に勤める彼氏との結婚は、はっきり言っておすすめはできませんが、お互いに支え合う気持ちがあれば結婚に踏み入るのもありでしょう。

裕福な生活ができなくとも、その人の人柄を好きになり、一緒に支え合いたいと思える感情があるのなら、何も問題ありません。

もし彼氏さんの仕事に不満があるのなら、転職を視野に入れるよう促してみるのも一つの手です。

 

工場勤務は雇用形態によって待遇に差がある

製造業への転職は未経験でも大丈夫?転職事情の実態を教えます

工場勤務の彼氏と結婚を悩んでいるのなら、先ほど説明した企業規模の他に雇用形態も大変重要になります。

工場勤務で収入や待遇を大きく分ける要因の一つが雇用形態です。

正社員として働いているか、もしくは派遣・パート従業員として働いているかで、その待遇差は目に見えて変わります。

正社員の場合

工場で正社員として働く場合、工場勤務をするメリットの全てを受けることが出来ると考えられます。

・有給が取りやすい

・ボーナスが固定して支給される

・昇進しやすい

など、働いていく上でやりがいを感じる事ができますし、結婚にあたっては将来の不安も少なくなります。

また、正社員だと工場内で働いている人の中でも安定した地位を持っているので、経営不振になってもリストラの範囲外になることが多いです。

さらに労働組合からのサポートもありますし、結婚生活をしていく上で立ちはだかる問題の解決口にもなってくれます。

例えば、自動車や家などの大きな買い物をしたいと思った時に、正社員だと信用があるので容易にローンを組むことができます。

このように正社員は、給料、プライベートの充実度、リストラのリスク、社会的信用など全ての面で優れているため、結婚後も安定した生活が送れるでしょう。

派遣社員の場合

派遣会社を仲介して、その工場で働いている人も多数います。

派遣会社は、自分に合った職場をすぐに紹介してくれますし、給与面だけ見れば正社員と比べても遜色ない金額を得ることもできます。

また、工業地帯であればさまざまな会社を転々として働き続けることができるので、もしも突然契約が終了されたとしても不安要素が減ります。

しかしながら、結婚して家庭を持つ場合、派遣社員のままだと難しい問題に直面することが増えるでしょう。

大きな買い物をする際のローンも組みにくくなりますし、派遣先を失ってしまえばその場で無職になってしまう危険もはらんでいます。

他の工場へ派遣されることになれば、引っ越しが必要になることもあります。

しかし子供ができれば、そういった生活も簡単にはできなくなるでしょう。

独り身であれば大変魅力的な派遣社員ではありますが、家庭を持つことにはあまり向いていません。

派遣社員として工場で働く彼氏との結婚は、結婚後はさまざまな問題が出る可能性がありますが、お互いに支え合う気持ちがあれば十分可能でしょう。

 

結婚は彼氏の職業ではなく人間性を重視するべき理由

好きな人と結婚をしたいと考えている時、職業を決め手にするのではなくその人自身をしっかりと見つめ直しましょう。

その時に「工場勤務だから」という思考に至った時は、これまでの内容を振り返って見てください。

工場勤務でも、企業規模や雇用形態によっては、安心した生活を送ることができます。

また、職業はある程度変更することも可能です。

工場勤務からオフィスワークに転職することもできるのです。

しかし、相手の男性がそれを望んでいないのであれば、きちんと受け止めて考えることも重要です。

結婚は、これからの人生が決まるといっても過言ではありませんし、今後の将来の不安を感じてしまいますよね。

そういう時は、

「この人は家庭がピンチになった時に力になってくれるか」

という点について考えてみてください。

子供ができて養育費が足りない場合、もっと割のいい仕事に転職してくれるような人か。

給料を自分で勝手に使ってしまったり、過度なギャンブルや趣味につぎ込む癖はないか。

職業以外にも考えなければいけないことはたくさんあります。

また、夫婦生活を長く続けていると、さまざまな問題が出てくるでしょう。

それらを乗り越えるのには、やはり人間性が大切です。

結婚において相手の職業はもちろん大切ですが、家庭や自分がピンチの時に支えてくれるような人間性の優れた人を選ぶ方がもっと大切なのです。

 

まとめ

これまで工場勤務の環境などについて詳しく説明をしてきました。

工場勤務は世間から偏見をもたれることもありますが、社会の役に立っている立派な仕事であり、工場勤務の彼氏と結婚することは恥ずかしいことではありません。

しかし、結婚は人生を大きく左右する重要な決断ですから、相手が結婚してもよい人かの判断は慎重に行いましょう。

工場勤務であっても、大企業や中小企業に正社員として勤めている場合、結婚は十分ありと言えます。

また、零細企業に勤めていたり、派遣社員をしている場合は、裕福な生活はできないかもしれませんが、お互いが支え合う気持ちがあれば問題ないでしょう。

人生一度きりの結婚ですから、人間性の優れたパートナーとしたいですよね。

そのためには、きちんと働いて給料をもらい、家族を養う気持ちがしっかりある人を選ぶことが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました。