仕事にやりがいはいらない人におすすめの仕事|唯一の仕事を教えます

  • 2月 8, 2020
  • 高卒
  • 174View
  • 0件

一般的に社会では、仕事に対して強いやりがいを求める傾向にあります。

ですが、本当に全ての人がそう思っているのでしょうか?

実は、近年では成績を残して出世することは求めておらず、ある程度の収入さえ得る事ができれば良いという考えが広まりつつあります。

また、出世できるような立場であっても、将来自分が苦しくなることを恐れ、あえて出世コースから外れる人もいます。

このように、出世してやりがいのある仕事に就くというのは誰しもが願っていないことが分かります。

この記事では、

「仕事はお金を得るためで、やりがいはいらないから楽に働きたい」

と考えている方へ向けて、

・仕事にやりがいはいらない人におすすめの仕事

について、ご紹介していきます。

「仕事はお金のため」と割り切れる人は、ぜひ参考にしてみてください。

仕事にやりがいはいらない!と考える人はかなり多い

社会人として働いていると、

「仕事はやりがいが大切だ」

という世間の風潮を感じ、特に就活中であれば何度も耳にする言葉だと思います。

就職面接などで志望理由を聞かれた際には

「御社の仕事内容にやりがいがあると感じた」

とテンプレートのように答えますよね。

このように世間では、仕事にはやりがいを重要視しているのです。

実際に仕事をしている人の中には

「営業職に就いて営業実績をどんどんアップさせよう!」

「研究職に就いて新しい研究を成功させる!」

「店舗の売上に貢献して評価されたい!」

などのやりがいを求めて働いている人がいます。

これらの「やりがい」とは、「成功すること」に集約されているのですが、成功によってついてまわるのが「出世」です。

出世して上の立場になり、自分が大きな事業を成し遂げたいといった目標もあるでしょう。

しかし、成功することをやりがいに据えた場合、成功しなければやりがいのない仕事になってしまいますし、成功したとしても新たな成功を求められるプレッシャーがあります。

そして評価されて出世したとしても、今度は自分のキャパシティがオーバーしてしまい、精神的に苦痛となる可能性もあります。

つまり、成功や出世と言った「やりがい」を求めることは、必ずしも良いことではないのです。

いくらやりがいを感じる仕事であっても、

・仕事に見合った給料が貰えない

・職場で友好な関係を築けていない

・休みを返上しないと仕事が終わらない

など、苦労して働いているのにもかかわらず仕事に見合った対価が返ってきていないことに気が付くと

「もっと自分の希望を満たしてくれる仕事があるのでは?」

と考えるようになります。

その結果、次の仕事を探すときには、

「やりがいはいらないから十分な給料と休みがほしい」

と考えてしまうのです。

このように世間では仕事にやりがいを求める風潮がありますが、一方で仕事にやりがいはいらないと考える人が多くなるのも当然なのです。

 

仕事にやりがいがいらない人は工場勤務がおすすめ

仕事に対して大きなやりがいがいらない人は、工場で働くことをおすすめします。

工場勤務と聞くと、

「肉体労働できつい仕事」

というイメージがありますが、少し見方を変えればとても魅力的で働きやすい環境なのです。

ここでは、工場で働くことがおすすめな理由についてお話しますね。

他の業種よりも給料が高い

工場勤務をおすすめする一番の理由は、給料の高さです。

工場勤務は製造業に属するので、朝8時から夕方5時まで就業する他の業種と比べてみました。

すると、飲食店やサービス業、運送業、福祉関係の業種の年収が平均330万円~350万円に対し、製造業は370万円~400万円と高額になっていることが分かります。

サービス業・運送業・福祉関係は製造業と同じくらいきつい仕事だと言われていますが、その中でも製造業が最も年収を高くすることが可能なのです。

サービス業・運送業・福祉関係の仕事は、

「給料が安くてもやりがいがある」

と言われる業種ですが、実際に働いている多くの人は雇用形態や福利厚生、給与・休日の面に強い不満を持っているのがほとんどです。

このような背景から、

「仕事にやりがいはいらない」

と強く思っている人はこういった業種を経験した人が多い傾向にあります。

一方工場勤務は、シフト制により夜勤が多く入る月があれば、その分給料は高くなります。

休日が確実で日数も多い

製造業である工場勤務の強みとして、休日がはっきりしていることが挙げられます。

サービス業や運送系、福祉系の業種は、人材不足などで休日返上で出勤することもよく聞かれますが、工場はほとんど休日出勤がありません。

一人だけ出勤しても工場が動いてなければ仕事をすることができませんし、一人作業は安全面を考慮して禁止している工場も多くあります。

ですので、休日は十分に身体を休められますし、趣味の多い方や予定をしっかりと立てたい方にとっては、休日出勤の可能性が少ないことは大きなメリットになります。

また、工場は年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休になると、基本的にカレンダー通りの休日となります。

サービス業のように大型連休は目が回るほど忙しい、運送業だと年末年始、お盆に忙しいということもありません。

このように工場勤務は、一般的な会社員と同じように連休となるので、大切な人と時間を共有することができるのです。

簡単にできる作業ばかり

工場での作業は専門的な知識や技術、資格を必要とする場合もありますが、基本的には誰でもできる仕事ばかりです。

組立作業では、穴空け、ボルト締め、基盤をはんだ付けなどの簡単な作業がほとんどです。

少し難しい内容であっても、大抵は繰り返し作業なので一度覚えてしまえば楽に作業ができます。

梱包や積み込みなどの軽作業は、倉庫にあるものを運んだり、ダンボールを組み立てて箱詰めする作業で、誰もが一度は日常で経験したことがあることだと思います。

点検や検査作業は、出来上がった製品を出荷する前に、寸法に狂いがないか測定器具を使用して確認する作業で、器具の使い方さえ覚えてしまえば簡単です。

また、数人で一斉に確認する工場であれば、一人が見逃しても大きなトラブルになることはありません。

このように、工場の仕事自体は一度覚えてしまえば簡単で、後は淡々とこなすことができるのです。

工場作業の多くは、特に特殊なことが行われているわけではなく、どの工場も大体似たような流れで行われています。

ですので、別の工場に転職した場合でもすぐに新しい職場で活躍できるので、そこも工場勤務をおすすする理由の一つです。

特に商品のピッキング業や、軽作業は経験のある方であれば即採用も考えられるでしょう。

他人に合わせる必要がない

通常のオフィスで仕事をする会社では、同僚や上司とともに仕事をするので、基本的な集団行動や他人に対する配慮で気を遣うことが多くなります。

それが仕事をする上で良好な人間関係にもつながるので、多少嫌な人がいても穏便に相手をしなければいけません。

一方で工場勤務の場合は、基本的に一人で黙々と作業するので、頻繁に会話をする必要がありません。

そのため、人間関係によるストレスを感じにくいというメリットがあります。

工場勤務は会話をするのが苦手な方や黙々と作業がしたい方にとって、まさに適職と言えるのではないでしょうか。

現在周囲を気にしなければならない会社で働いていて、ストレスが溜まっている方は特に、工場は自分のペースで仕事ができるのでおすすめです。

副業がしやすい環境

シフト制の工場の場合は、時間通りに次のシフトの人が来るので、残業がほとんどありません。

製品によっては繁忙期もありますが、基本的には1.2時間程度の残業で帰る事ができるので、ある程度自由な時間を作る事ができます。

また、勤務時間の関係で日中にぽっかりと時間が空いてしまうことがあります。

このような時間を副業に当てることができれば、収入アップにも繋がりますし、別の仕事を楽しむこともできます。

近年では、将来の経済的な不安から副業を始める人も多く、工場での収入を超すことを目標に副業に力を入れてみるのも良いかもしれません。

 

工場勤務へ転職する人が多い理由

近年他の業種から工場勤務へ転職している人は実に多いです。

これは工場勤務の仕事内容、労働条件、労働環境に魅力を感じていて、メリットが大きいということの裏付けと言えます。

工場勤務へ転職した理由をまとめると、

・給料を増やすため

・休日を増やすため

・人間関係に疲れない仕事がしたかった

・精神的に楽な仕事がしたかった

などが主として挙げられています。

特に前職がサービス業の場合は、休日や給料が少なく、さらにお客様からのクレーム対応があるため、肉体的にも精神的にも疲れてしまい、工場勤務へ転職するケースが多い傾向にありました。

営業職の場合は、

「成績レースで神経が疲れてしまった」

「上司の機嫌取りに疲れた」

といった精神的疲労が理由で、人とあまり関わらなくてよい工場勤務へ転職したケースも多く見受けられました。

また、近年ではパワハラ行為や差別行為、職場でのいじめなど、影で一人だけが標的にされて苦しんでいることも珍しくありません。

このようなハラスメント行為を受けている人の中には、工場勤務のように人と関わらず無心で作業ができる環境に憧れる人も多いです。

人間関係は自分がどう頑張ってもなかなか解決できる問題ではないので、精神的に疲労する前に早く転職することが大切です。

 

仕事にやりがいはいらないと考えるのは自然なこと

高卒で就職するメリットとは?高卒で働いている僕が本気で考えてみた

「やりがいがある仕事」というのは「自分が楽しいと感じる仕事」と言い換えることができると思います。

しかし、実際には自分が楽しいと思える仕事を見つけることは難しいですし、見つけたとしてもタイミングの問題などの様々な壁があり、その仕事に就くことは難しいですよね。

そのため大抵の人は、自分が楽しいと感じる仕事はできず、やりがいを感じられずに働いているのです。

中には、やりがいどころか毎日人間関係などのストレスを抱えながら働いている方もいるでしょう。

また、自分の好きな事で働ける環境であっても、仕事となればどうしてもストレスに感じる部分が必ずあります。

このように毎日ストレスを抱えて働いていると、

「仕事にやりがいはいらないから楽に働きたい」

と考えるようになるのです。

つまり、

「自分が楽しいと感じる仕事に就けない→やりたくない仕事をしてストレスを抱える→仕事にやりがいはいらないから楽に働きたい」

と考えてしまうのは自然の流れなのです。

いくら「お金のため」と割り切って働いたとしても、ストレスがかかるのであれば避けたくなるのは当然です。

その点、工場勤務はこのように考えている方にとってぴったりな仕事です。

仕事も楽でストレスがかからず、給料が良くて休日はしっかり身体を休めることができます。

「仕事はお金のため!」

と割り切るなら、ストレスを抱える職場で耐えるよりも、楽に作業できる方が精神的にも健康でいられるので、工場勤務を僕はおすすめします。

 

まとめ

高卒だと仕事ないって聞くけど本当なの?実際のところを教えます

仕事をしている人の中には、

・人間関係が悪い職場で日々苦しんでいる人

・精神を日々すり減らしながら働いている人

・給料が安い職場で働いている人

・休日も返上して働いている人

など様々な人がいますが、それでも生きていく上では働かなければいけません。

だとしたら、少しでも自分が働きやすい環境を見つけて働くことを優先してはいかがでしょうか。

世間では辛い仕事だと言われている工場勤務ですが、それはごく一部の職種に限ったことで、人によってはこれ以上ない優良な環境にもなり得ます。

「仕事にやりがいはいらないから楽に働きたい」

と考えている方は、ぜひ工場勤務がおすすめです。

最後までお読み頂きありがとうございました。