MENU

    高卒の就職面接でよく質問されることとは?高卒就職者が教えます

    これから高卒での就職活動を行うという現役の高校生や、その保護者の方々はこれから始まる就職活動への期待や不安でいっぱいなのではないでしょうか?

    一昔前なら大卒の方が就職には有利と言われていましたが、最近は働き手が不足しているため高校生の求人枠も増えてきており、高校生の就職内定率も年々上がってきています。

    高卒で就職する場合、1人1社しか就職試験を受けることができない点から、大卒の人よりも

    「どうしてもこの会社に入社したい」

    という気持ちが強くなりますよね。

    しかしその際に避けて通れないのが、面接です。

    実は高卒の就職活動で一番大切なのが面接だと言われています。

    面接で失敗しないためにも、どんな質問にも答えることができるようになるためにも面接の練習は必要不可欠なのです。

    この記事では、「高卒の就職面接でよく質問されること」についてまとめています。

    面接で気を付けるべきポイントも紹介していくので、就職面接を控えている方はぜひ参考にしてみてください。

    目次
    正社員経験3年未満で転職を考えている場合、「就職カレッジ®」がおすすめです。サービスは全て無料、正社員求人で書類選考無しで、就職成功率81.1%、入社後定着率91.3%の就職支援サービスです。WEB面談にも対応しているので、現在のお仕事に悩んでいる方はぜひ登録してみてください。⇨就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

    高卒の就職面接前に知っておくべきこと

    高卒の就職活動は、行政・主要経済団体・学校組織の三者によってルールが決められています。

    高校生に学業を優先させるためにも、就職活動のスケジュールは統一されているのです。

    各都道府県、市町村ごとに若干のズレはあるものの、一般的には6月1日からハローワークによる求人申込書の受付が開始されます。

    7月1日頃、企業による学校への求人申込及び学校訪問開始が行われます。

    求人票は各高等学校に配布される事が一般的で、主にその学校の卒業生が就職している会社からは求人数は多くなる傾向にあります。

    9月初旬には学校から企業への生徒の応募書類提出開始が始まります。

    9月中旬には企業による選考開始及び採用内定が開始されるという流れで就職活動は進んでいきます。

    つまり9月中旬に高卒の面接で一番ネックとされる面接試験があるということです。

    大体の生徒は高校生3年生の9月には就職先が決まっていることが多いでしょう。

    9月末の時点でまだ就職先が決まっていない3年生は、二次募集を利用して就職活動を続行することになります。

    高卒採用の二次募集は10月1日から開始されます。

    就職活動で行われる面接は、企業によって集団面接を行う企業と個人面接を行う企業があり、人気の高い企業ほど受験者も多いので集団面接になる可能性が高いでしょう。

    1対1の個人面接は緊張するものですが、集団面接では、同じ会社を受験するライバルたちと並んで面接を受けなくてはいけないので、個人面接とは違う緊張感があります。

    面接のトレーニングをする際には、個人面接を想定した練習と、集団面接を想定した練習をしておくことで、当日に自分の伝えたいことを思い切りアピールできるでしょう。

     

    高卒の就職面接でよく質問されること8選

    実際にアルバイトをしたことがある人は面接の経験があるかと思いますが、高校生では面接自体がはじめての経験という方も多いですよね。

    どんな事を聞かれるのか、どんな回答をすれば良いのか事前に把握しておくとスムーズに面接が進みますので好印象です。

    ここでは実際の面接でどの様な事を質問されるのか見てみましょう。

    志望動機

    どんな会社を受けたとしても絶対に聞かれるのが志望動機です。

    はっきり言ってしまえば、面接における志望動機にはある程度のひな形があり、ほとんどの受験者の志望動機は似通っています。

    しかし、面接官は当たり障りの無い回答は望んでいませんし、教科書通りの回答も望んでいません。

    なぜなら、企業面接は高校時代にするもので、面接官は「高校生で社会経験も何もない」という事を前提に面接を進めていきます。

    もし、「御社の社風と企業理念に感銘を受け、将来性を感じました」などと言われても、高校生に分かるわけが無いと思われてしまいます。

    教科書通りの当たり障りのない回答をしてもプラス要素にはなりませんし、回答自体が全て嘘くさくなります。

    工場系であれば、

    「職人の仕事を紹介しているTV番組を見て憧れ、物作りに興味が出て、自分もそうなりたいと思った」

    くらいで十分です。

    サービス系であれば、

    「お店の店員さんが生き生き仕事をしていて、お客様から感謝の言葉をかけられているのを見て、自分も感謝される様な仕事をしたいと思った」

    というような回答をすれば、嘘臭さは無くなりますし、向上心も見られますのでプラス要素になります。

    長所と短所

    志望動機についで多い質問が、自分の長所と短所についてです。

    会社としては、受験者自身が自分のことをどう捉えているのかを知りたいと思っているのです。

    ・自分に自信を持っている人物なのか

    ・客観的に自分を捉えることができる人物なのか

    ・どんな風に自分をアピールしてくるのか

    といったポイントをチェックされています。

    長所と短所については、質問されることを想定していないとはっきり答えられないものですので、事前に長所短所を書き出してみると良いですね。

    会社が高卒社員に求めることは、長く続けられて向上心がある事なので、それを踏まえて考えるのがベストです。

    例えば、工場系の会社を受ける場合の長所として、

    ・ひとつの事に没頭する集中力がある

    ・他人のアドバイスをうまく汲み取り自分の物にする努力

    ・何にでも楽しみを探し出すことが出来る

    という様な回答が良いでしょう。

    短所としては、

    ・集中しすぎてしまう

    ・丁寧にやりすぎて時間がかかる時がある

    ここでのポイントはデメリットを言っているようで、実は会社側にとってはメリットだと思わせる様な回答です。

    部活動について

    高卒の就職面接では、部活動について聞かれることが多い傾向にあります。

    面接では、部活動をしていた生徒はプラス要素が多くなります。

    部活動を3年間続けている場合、継続する力があると見られ、

    「入社しても長く仕事を続けてくれそうだな」

    と面接官にアピールすることができます。

    ですので、途中で辞めてしまった人や最初から入らなかった人はその理由を聞かれる傾向がありますので、しっかり事前に理由を考えておくと良いでしょう。

    得意教科もしくは好きな教科はある?

    面接官は、なぜこの生徒は大学進学をせず高卒で社会に出ようと思ったのだろうと考えます。

    単純に勉強が嫌いだから大学には行きたくないとしても、入社後は勉強しなくてはいけないことがたくさんあります。

    つまり、学ぶという事に対して前向きかどうかを見るのです。

    これは成績は関係ありませんので、何かしらの教科を言えば良く、実業高校であればその会社の業務に近いものがあればそれを具体的に話すと高評価を得られるでしょう。

    趣味はある?

    就職の面接では、一見仕事とは関係ないと思われる個人の趣味に関する質問をしてくる場合も多いです。

    仕事では個人の能力を重視されるのはもちろんのことですが、周りと協力しながら仕事をしなくてはいけないため、コミニケーションスキルがあるかどうかや、どんな価値観を持った人物なのかをあらかじめ把握しておきたいからです。

    解答例に正解も不正解もないので、ありのままの自分の趣味を伝えて構いません。

    ただし、趣味の話を熱く語りすぎたり、あまりにも不思議で周囲から理解されない趣味などを答えてしまうと、面接では不利になってしまうため注意が必要です。

    学校生活で思い出に残っていること

    受験者である高校生が、今現在どんな学校生活を送っているのかという点も採用者側からすると気になるポイントになります。

    その人の答えから、入社してどんな働き方をしてくれるのかが想像しやすいためです。

    修学旅行での思い出を語っても良いですし、先生から言われたありがたい言葉について話しても良いでしょう。

    友達と机を囲んでお弁当を食べたことなど、学校生活の些細なシーンを切り取って話しても構いません。

    自分の高校生活を振り返って、イキイキとした表情で語れるエピソードを用意しておきましょう。

    アルバイトの経験の有無

    高卒での就職面接では、アルバイト経験の有無を聞いてくる会社もあります。

    実際のところ、アルバイトの経験があるから就職に有利ということはないので、単純にアルバイトをしたことがあるかないかを答えるだけで構いません。

    あると答えた人には当然、どんなアルバイトをしたことがあるかという質問が飛んできます。

    この質問で面接官に好印象を与えるの方法は、

    「アルバイトをしたことがある」

    「アルバイトをしたことはない」

    などのYESかNOかと答える他に、アルバイトや仕事に対する自分なりの意見を一言付け加えることです。

    アルバイトをしたことがある人は、アルバイトを通して学んだことなどを短く付け加えて答えられるようにしておくと良いでしょう。

    自己PR

    高卒の就職面接時、高校生なのですから会社に何が貢献できるかという回答を面接官は求めていません。

    即戦力ではなく、将来的に有益な人材となる人を採用したいのが高校新卒者の面接です。

    採用されたいがために、「自分の能力を発揮できると考え志望しました」と言ってしまう人がいます。

    しかし、現在高校生の志望者に何の能力があるのでしょうか、面接官は的確にそれを見抜きます。

    それより、

    「御社の業務内容や会社としての考え方を先に入社した先輩に伺い、私に合うのではないかという気持ちが日に日に増してきました。採用された暁には先輩社員からたくさんの事を学び、積極的に仕事に従事したいと考えています」

    などの方がよっぽど高校生らしく好印象を与えることが出来ます。

    この内容から面接官が読み取れることとして、

    ・先に入社した先輩に仕事の内容を聞いてどんなものかを知った上で面接に挑んでいる情報収集力

    ・会社をある程度知った上で自分に合うと考えている業務に対する理解力と自己判断力

    ・自ら学ぶ姿勢を見せ、先輩社員を立てることが出来る協調性と向上心

    これらの能力があると判断してくれるでしょう。

    無理に自分は能力があるとアピールするより、信憑性と自分の人間性を分かりやすく伝えることが大切です。

    企業面接では相手は高校生で社会未経験という事を加味して面接をします。

    面接官が最も面接で知りたいことは100%の無難な回答ではなく、その人の人柄を知りたいという事を念頭に入れておきましょう。

     

    高卒の就職面接で気を付けるべきポイント

    高卒の就職面接は人柄を重視すると言いましたが、どの様な人を採用したいと思うでしょうか。

    特に気をつけてほしいのは髪型です。

    茶髪に染めていたり、今風のおしゃれ感を出した髪型はまず嫌われる傾向があります。

    就職面接に来てどういう髪型が良いのかという事を事前に知っているはずなのに、色を黒くもできない、年配の面接官が嫌いそうな髪型をしている事は、

    「自分中心に考え、周囲や場面に合わせることができない」

    と判断されかねません。

    本当にその会社に入りたいと考えて面接に望むなら身だしなみはきちんとするべきですが、それができないというのは「本当はそこまで入社したいと思っていない」と思われても仕方ないのです。

    そのような人に内定を出しても辞退されたり、早期退社されれば企業としては大きな痛手ですので避けるのは当然ですよね。

    人柄、やる気を見た後はその人の理解力を総合的に判断します。

    上記のような質問に対しハキハキと回答できるか、質問に対し理解力があり、回答が質問とずれていないかを面接では見ています。

    一から社会人として会社員として教育していくのですが、それに時間がかかる人を会社は敬遠する傾向にあります。

    企業は人材育成にかける時間をコストと考えるからで、理解力や対応能力があればそのコストを削減することにつながるためです。

     

    会社はどんな人を雇いたい?

    現在、非正規雇用社員が多くなり社会問題となっていますが、これには大きな理由があります。

    ・正社員として雇用したが協調性が無く、他の社員の負担が増えてしまった

    ・理解力が乏しく業務ができない

    正社員は基本的に解雇が非常に難しく、正規雇用したことによるリスクは大きな問題です。

    そこで解雇しやすくするために非正規雇用を使っている会社が多くあります。

    企業が新卒の採用に積極的なのは、一から会社の社風にあった人材を育成できる事がメリットと言えるからで、新卒での高卒採用の就業率が高いのはこれが大きな理由と言えます。

    その企業の思惑にピッタリと合う人材がほしいのは当然ですので、まず企業がどの様な人を欲しがっているか考えれば採用の可能性は格段に上がるでしょう。

    その答えはそれほど難しいことでは無く、素直で言われたことをきちんとでき、明るい人であれば面接官は「この人と仕事がしたい」と考えます。

    高卒社員に求めるのは専門的な知識や即戦力ではなく、会社色に染められるという可能性です。

    ・会社側が何を求めているのか

    ・どの様な人を欲しがっているのか

    ・どの様な人材に将来育てたいか

    などを客観的に考えてみること、それを想定して面接に挑めば採用確率は格段に上がるでしょう。

     

    高卒の就職面接で他の人と差をつけるポイント

    高卒の就職面接では、何人ものライバルがいて、その中で自分の魅力を上手にアピール出来た人から採用されていきます。

    自分の中では最高の受け答えを出来たと思っても、みんなそれぞれ面接の練習をしてきているわけですから、その中で他人と差をつけていかなくてはいけません。

    面接で他人と差をつけるには、どれだけ入社の意欲があるかをアピールできるかが大切です。

    漠然とした志望動機を並べたところで、面接官の心には何も響きません。

    受験する会社のことを自分なりによく調べ、そこで何をしたいかを具体的に述べることができれば面接官の印象が大きく変わります。

    その時に、「誰にも負けない!」いう気持ちで堂々と熱く語れば面接官の心に響き、あなたの存在感をアピールすることができるでしょう。

    面接では、できるだけ分かりやすい言葉で話すことが大切なので、やはり語彙力を上げておくことも必要です。

    そして、自信がある中にも謙虚さを忘れず、相手を敬う気持ちを持って面接に挑めば、ライバル高校生に大きな差をつけることができるでしょう。

     

    最後までお読み頂きありがとうございました。

    この記事を書いた人

    工業高校を卒業し、現在は機械設計を行っている二十代。
    主に自分の経験を元にして、高卒、工業高校に関する記事を書いています。

    目次
    閉じる