MENU

    高卒の新社会人におすすめの車|後悔しない車の選び方を教えます

    高卒で新社会人になる多くの方は、通勤や休日に使用するために車は必要不可欠ですが、

    「どんな車を買えばいいんだろう?」

    「車は金額も高いし、後で後悔したくないな」

    と思っている人も多いのではないでしょうか。

    この記事では「高卒の新社会人におすすめの車」について書いていきます。

    初めて車を買う上で「車選びの考え方」は、後で後悔しないためにもかなり重要になります。

    高卒で新社会人になる方はぜひ参考にしてみてください。

    目次
    正社員経験3年未満で転職を考えている場合、「就職カレッジ®」がおすすめです。サービスは全て無料、正社員求人で書類選考無しで、就職成功率81.1%、入社後定着率91.3%の就職支援サービスです。WEB面談にも対応しているので、現在のお仕事に悩んでいる方はぜひ登録してみてください。⇨就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

    高卒の新社会人が一般的に買う車とは?

    高卒者が社会人になったときに購入する車は人によりますが、一般的には軽自動車を買うケースが多くなっています。

    高校を卒業したばかりであればまだ運転にも慣れていませんから、必然的に大きな車よりも小回りの利く軽自動車を買うことが多いです。

    軽自動車といっても最近の車は値段が高いことから、ほとんどの人は中古車を買う傾向にあります。

    中には新車で購入する人もいますが、社会人になりたてだと金銭的に大変ですから、中古車を買うことが当たり前になっています。

    高校を卒業したばかりだと貯金もありません。

    となるとローンを組んで車を買うことになりますが、新車だと高額になるので万が一のときに支払うことができなくなってしまいます。

    社会人になってから数年経過していれば仕事にも慣れていますが、働き始めたばかりだと仕事が続けられるかどうかもまだ分かりません。

    そういったことを考えて、月々の支払いが大きな負担にならない中古の軽自動車を購入するケースが多くなっているのです。

    その後数年間は最初に購入した車に乗り、仕事に慣れてきてから自分の好きな車を買う人が多いです。

    その頃になると運転も慣れていますから、多少は高額な車や大きな車に乗っても安心ですね。

    もちろん最初から自分の好きな車を買う人もいますが、そういった人は両親にお金を工面してもらう、まとまった金額を貰っているということが多いです。

    高校を卒業した直後であれば、おそらく今までの人生で一番高い買い物になるでしょうから、しっかり考えて購入するようにしましょう。

    高校を卒業して初めての車選びは、一般的に「一番欲しい車」ではなく、「購入できる金額」で車種を選ぶことをおすすめします。

    軽自動車ではなく普通車を購入する人もいますが、普通車は軽自動車と比べて

    ・車自体の金額が高くなること

    ・税金が高くなること

    ・車検の費用が高いこと

    など、維持費も高くなりますので、初めての車選びでは避ける傾向があります。

     

    高卒者の車選びで後悔しないためのポイント

    高卒者が初めての車選びで後悔しないポイントは以下の通りです。

    ・金額的に無理をしない

    ・余裕のある金額でローンを組む

    ・必要のない大きな車を買わない

    ・どんなシーンで使うのかを考える

    まず金銭的な面ですが、これは一番大事なポイントです。

    今まで学生だったのでローンのことがよく分からず、つい欲しい車を買ってしまいそうになりますが、ローンは無理をしないのが鉄則です。

    正社員であれば急に仕事を失うことはほとんどありませんが、それでも今まで学生であれば貯金がないので無理をしないようにしましょう。

    ただしローンは年数が長くなると総額も高くなります。

    「欲しい車があるけど高い!」

    というときは長期ローンを組みたくもなりますが、総額を計算してから考えるようにしましょう。

     

    また、大きな車に憧れている人もいますが、大きすぎる車は注意が必要です。

    ただでさえ運転に慣れていない状態で大きな車を運転すると、事故を起こしかねません。

    駐車するときにも苦労しますし、大きな車に乗ることで駐車のときに他の車にぶつけてしまうこともあります。

    特に車の多い地域、駐車場スペースの狭い地域に住んでいる人は注意が必要です。

    まずは家族の車を借りるなどして

    「どの程度の大きさであれば運転できそうなのか」

    をチェックしてから購入すると後悔しにくくなります。

     

    そして、初めての車となるとワクワクしますが、どんなシーンで使うのかを考えるようにしましょう。

    例えば通勤で使うのか、休日だけ使うのかなどです。

    車通りが多い、駐車場が狭いのであれば小さめの車が運転しやすいです。

    休日にしか乗らないのであればどんな場所に行くのかを考えましょう。

    ・アウトドアに行くのであれば山道でも走りやすい車

    ・坂道の多い場所に住んでいるならターボ付きの車

    ・雪が降る地域なら四輪駆動の車

    など、目的や環境に合わせて選んでいくと後悔しにくくなります。

     

    高卒者が高級車を買うのはアリ?

    社会人になるから

    「高級車を買いたい!」

    と思っている学生さんも多いのではないでしょうか。

    もちろん高卒者が高級車を買うのはアリです。

    ですが、自分の今の状況などから購入するかどうかを判断しなければなりません。

    高卒者が高級車を買うメリットにはこのようなことがあります。

    ・お気に入りの愛車になる

    ・周りに自慢できる

    ドライブに行くことが楽しみになる

    ・仕事のモチベーションが上がる

    好きな車であれば洗車をするのも楽しいですし、高級車であれば車の備品選びも楽しいです。

    仕事に乗っていくのか週末だけに乗るのかはその人にもよりますが、車に乗ること自体が楽しくなるので、楽しみが増えるという点も大きなメリットですね。

     

    しかし高級車を買うにはデメリットもあるので注意しておきましょう

    ・出費がかさむ

    ・場合によってはローンが払えなくなる恐れがある

    ・初心者マークをつけないといけない

    高級車は金額が高くなるため出費がかさみます。

    車の部品なども高い傾向がありますから、社会人になりたてであれば支払いが厳しくなります。

    地域によっては雪が降るためスノータイヤも必須ですが、車を買ったばかりであればスノータイヤも別に買う必要があります。

    車の総額とタイヤ、最低限の備品を揃えていくらになるかしっかり計算しておきましょう。

    最悪の場合はローンが支払えなくなり車を手放すことにもなりかねません。

    手放したところでおそらくローンは残りますから、車がない状態で残りのローンを支払うという状況にもなりかねないのです。

     

    そして初心者マークを貼らないといけないということも考えておきましょう。

    誰でも免許をとったばかりであれば初心者マークをつけますが、高級車にマークをつけると少々目立ちます。

    人によっては初心者マークが恥ずかしいからと貼らない人もいますが、点数が引かれるばかりではなく危険であるため、初心者マークは必ずつけるようにしてください。

    以上の点から、高級車を買うか考えてみてください。

     

    高卒の新社会人へおすすめの車の買い方

    高校を卒業して免許をとると誰でもかっこいい車が欲しくなるものです。

    ですが本当に欲しい車は、社会人になってから数年経過するまで待つことをおすすめします。

    人によって欲しい車の車種や金額は違いますが、やはり車に慣れていない内は多少なりともぶつける可能性があります。

    事故といった大きなことではなくても自宅の駐車場でこすったり、段差でバンパーをこすってしまったということは良くあるので、最初は我慢しておくことをおすすめします。

    その度に修理しているとお金がかさんで仕方がありませんからね。

    それとローンにはくれぐれも注意しましょう。

    車を購入するには一括で支払うかローンを組むことになります。

    一括で買うとなると支払いが大変ですし、かといって長期間ローンを組むと総額が高くなります。

    そのため、ある程度の頭金を用意しておき、ローンを組むことで支払いが楽になります。

    高校を卒業して社会人になったばかりだとローンの辛さが分かりにくいので、無理をしてローンを組んでしまうこともあります。

    万が一ですが、数か月働かなくてもローンを支払えるくらいの金額にしておくと何かあったときでも安心です。

    高卒で新社会人になる方へ僕がおすすめする車の買い方は、まずは無理のない金額で車を買い、そして数年かけて頭金を貯めて自分が好きな車を買うことです。

     

    最後までお読み頂きありがとうございました。

    この記事を書いた人

    工業高校を卒業し、現在は機械設計を行っている二十代。
    主に自分の経験を元にして、高卒、工業高校に関する記事を書いています。

    目次
    閉じる