高卒の工場勤務から転職できる?転職方法を詳しく解説します

高校を卒業して工場に就職してみたけれど、実際に働いてみたら

「やりがいがないし、給料アップも見込めない…。」

「交代勤務や夜勤のせいで体調がよくない」

「こんな仕事を一生続けるなんて無理!」

工場勤務をしている人は、このような現実を肌で感じてしまい、工場を辞めたいという気持ちが湧いてきますよね。

僕も高卒で工場に勤務しているので、この気持ちは痛いほど分かります。

しかし、工場を辞めたいという気持ちの一方で、

「高卒の工場勤務から転職なんてどうせ無理だろ…。」

と決めつけてしまい、転職活動に行動を移せず諦めていませんか。

近年は、大学全入時代と呼ばれるほど大卒が当たり前な時代になりました。

そのため、「高卒」という学歴では転職できないのではと不安に思っている人も多く見受けられます。

このような時代に高卒の工場勤務から転職することは可能なのでしょうか。

この記事では、

・高卒の工場勤務から転職できるのか

・高卒の工場勤務から転職する方法

について、詳しく解説していきます。

高卒の工場勤務から転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

高卒の工場勤務は転職しにくいって本当?

 

世間一般的に、高卒の工場勤務からの転職はかなり難しいと言われています。

実際あなたが、今働いている工場を辞めて転職したいことを先輩や上司に伝えると、

「工場勤務からの転職はできないから辞めておけ」

「高卒で転職なんて、今より良い会社に入れるわけがない!」

という返事が返ってくるでしょう。

しかしこの考えは間違っていて、高卒の工場勤務からでも十分転職できると断言できます。

先輩や上司、周囲の人たちから、転職活動を阻害されたとしても一切気にする必要はありません。

「転職は難しい」ということだけに焦点を当てれば、どんな職種でも同じようなことが言えます。

そして、昔からあるイメージで「転職は難しい」という意識が強く残っているのでしょう。

高卒の工場勤務からいきなり大手企業の営業職などに就くことは難しいですが、高卒でも働ける場所は余るほどあります。

あなたがまだ若いのであれば、どんな職種や企業からも歓迎されることは間違いありません。

ですが、高卒から転職する場合、大卒の人よりも転職活動がスムーズに進まないということが考えられます。

なぜなら、転職先を自分で探して、自分でエントリーし、就職試験を受けに行かなければならないからです。

大卒の人であれば、新卒時の就職活動の際に、企業探しから就職試験までを一通り経験しているため、比較的スムーズに転職活動が進む傾向にあります。

一方、高卒の人が転職となると、高校時代の就職活動のように就職を斡旋してくれる先生はいませんし、就職先に関してアドバイスをくれる人も少なくなるので、就活の経験不足から転職先がなかなか決められないということがよくあるのです。

そのため高卒で転職活動をする場合は、まずはたくさんの求人情報に目を通し、良い企業を選ぶための目を養わなければなりません。

給与面はもちろんのこと、企業規模や企業の発展性、休日数や福利厚生など、良い企業を見極めるポイントはいくつもあります。

たくさんの求人情報に目を通す場合には、インターネットにある転職サイトがおすすめです。

転職サイトには、さまざまな地域で多様な職種の求人があるからです。

ハローワークへ行って求人を見るのも悪くはないですが、ゆっくり見られないという難点があるので、自宅でリラックスした状態で見る方が良いでしょう。

また、ハローワークに登録されている仕事は限られており、特に個人企業やIT企業の求人はなかなか載っていません。

それらの求人を探すにはやはり、転職サイトで探すのが一番なのです。

世間では「高卒は転職しにくい」というイメージがありますが、その原因として、ハローワークなどの公共の機関で転職先を探そうとしているからという理由もあります。

近年では転職サイトがたくさんありますので、昔のようにインターネットがない時代より、確実に転職はしやすくなっているのです。

もっとグローバルに仕事を探すことができれば、転職のハードルも低くなるでしょう。

そして、現代はインターネットに気軽に触れられる時代です。

転職サイトにしか載っていない仕事も多数あるので、そこに焦点を当てて転職活動をすることが大切です。

 

高卒の工場勤務から他の職種へ転職できる?

高卒の就職面接でよく質問されることとは?高卒就職者が教えます

 

「工場勤務を辞めたい!」

「工場勤務から他の職種へ転職したい!」

実はこのように考えている高卒の人はたくさんいます。

工場勤務をしている人の中には、労働条件や労働環境が悪いことでストレスが溜まったり、夜勤や交代勤務などで体調を崩してしまう人も多いので、工場勤務から他の業種へ転職したいという気持ちが強く湧いてくるのです。

「高卒が転職となると、同じ職種にしか転職できないのでは?」

と思っている人も多いですが、そんなことはありません。

採用基準を満たしていれば、誰でもどんな職種でも就くことが可能です。

自分のやりたい仕事、興味のある仕事で求人を出している企業があれば、積極的に応募していきましょう。

ここでは、実際に工場勤務から転職できる職種をご紹介しますね。

営業職

工場で黙々と作業をするよりも、他人と常に会話をして、目に見える成績を残していきたい人は営業職がおすすめです。

高卒で働いている人は、工業高校や商業高校といった実業校出身の人も多く、部活動に高校時代を捧げてきた元気がある人が多いため、黙々と作業するよりも他人とコミュニケーションを取る方が得意という人が多い傾向にあります。

営業職と聞けば、「辛い仕事」というイメージが大きく、高卒や大卒で一番に希望する人はなかなかいないのが現状です。

しかし、実際営業職を体験してみると、自分の実績が目に見える状態でどんどん積み上がっていくという快感に気づくことが出来ます。

成績が良ければ、「給与+インセンティブ」をもらえる会社もありますし、人間関係を良好にする「いわゆる世渡り術」を身につけることだってできます。

また、新しい人との出会いも多く、たくさんの知識や情報が得られることで、将来的にもプラスになる確率が高い職種です。

専門職

やってみたい仕事がある人や、具体的になりたい職種は決まってないけれどチャレンジしたい仕事がある人は、工場を退職して専門学校などに入学して専門職の道に進むのもありです。

専門職で人気の職業は、

・美容師

・看護師

・理学療法士、作業療法士

・介護士

などの「人と常に関わる仕事」に人気が集中していることが分かります。

このような専門職は、どんな時代・どんな場所でも重宝される職業なので、免許を持っていれば手に職をつけて働く事ができます。

専門職ですので、給与面でも不安になることはありません。

専門学校に通うための初期投資は必要ですが、専門職は将来的には安定しているので、転職先としてはおすすめです。

接客業

工場勤務で経験した仕事内容とは正反対のような職種で、毎日お客さんと接することから、コミュニケーション能力が必要になります。

接客業で人気なのは、

・飲食店員

・アパレルショップ店員

・宿泊施設のフロントスタッフ

などで、ペットショップのような専門的な知識を必要とするお店での接客業もあります。

これらは自分の趣味を生かして仕事をすることができるので、自分の知識をアップさせることにも繋がります。

ファッションが好き、音楽が好き、動物が好きなど、自分の中で一つでも好きなものがあれば、そのジャンルの世界に飛び込んで見るのも一つの手です。

IT企業

「IT企業は大卒で頭が良い人しか入れないのでは?」

「そもそもITってよく分からないし難しそう…。」

と考えている人も多いですが、IT企業の中にもさまざまな職種があります。

ウェブマネーや株を取り扱ったりする金融系の企業であれば、それなりの能力が求められる場合があります。

しかし、広告業やプログラミング、システムエンジニアなどの職種は、必要な知識を持っている人であれば高卒採用も行っています。

C言語を取り扱う事ができるというのが前提ではありますが、在宅でも勉強する事ができるので、IT企業就職を目指してC言語の習得をするのもいいでしょう。

 

工場勤務の経験が活かせる職種は高卒でも転職しやすい

 

せっかく工場に就職したのであれば、その経験が活かせる職種へ転職した方が早く転職先を見つけることができます。

会社側が中途採用者に求めるものは「即戦力」です。

まだ若いうちの転職であれば、高卒であっても、会社側は教育するつもりで採用するケースがありますが、35歳を超えると即戦力として期待されるため、転職のハードルは一気に上がります。

高卒の転職は、

・経験したことがある仕事か

・年齢は若いか

この2つのポイントがネックになると覚えておきましょう。

また、工場によって作っているものが違ったとしても、作業形態などは似ているので、工場で得た経験は別の製造業でも活かすことができます。

採用する側としても、工場勤務の形態に慣れている人であれば採用しやすいので、採用率も高くなります。

例えば、自動車の製造工場で働いていた人が別の自動車メーカーの製造工場へ転職したい場合、同じような仕事内容であるため、仕事に慣れるのも早いだろうと見込まれます。

他にも、細かい作業を黙々とこなすことができるという部分をセールスポイントにすることで、食品工場であったり、軽作業の職種にも就きやすくなります。

特に工芸品を作っている企業は、若い作業員を募っているので、工場勤務で得た経験を全面に押し出すのも良いでしょう。

このように、工場勤務で得た経験を活かせる職種への転職はしやすいのです。

しかし、似たような職種に転職する際には、自己アピールをしっかりと行うことが大切になります。

ただ工場を辞めて転職したいというだけでは、

「うちで働いてもまた転職するのでは?」

と思われてしまっても仕方がありません。

そうならないためにも「前職を辞めた理由」について、きちんと説明する必要があります。

辞めた理由については、恐らく面接でも詳しく聞かれるでしょう。

そのとき正直に、

「工場勤務が合わなかった」

「職場の人間関係が悪かった」

などと言ってしまうと、

「それはうちの会社でもあり得ることだから採用を見送ろう」

と考えられてしまう可能性があります。

そうならないためにも「やむを得ない理由」を話すようにしましょう。

例えば、

「自宅からの通勤が困難になった」

「シフトの時間割が生活リズムに合わなかった」

「作っている製品でアレルギーが出てしまった」

など、前職の工場ではどうしても働きにくくなった理由を用意しておくことが大切です。

もちろん嘘はいけませんので、実際に前職で困ったことや、前職の職場限定で言えることを挙げると納得してもらいやすくなりますよ。

また、「工場勤務で得た経験は貴社でも活かすことができる」といった内容を伝えることが出来れば、企業側は即戦力として期待してくれるので、採用されやすくなるでしょう。

 

高卒の工場勤務から転職する具体的な方法

工業高校からの就職は有利なの?進学も含めて卒業生が詳しく教えます

ここでは、工場勤務から別の会社へ転職するための方法を具体的に説明していきますね。

【STEP.1】 転職サイトにあるたくさんの求人情報を見よう!

やりたい仕事や入りたい会社などが具体的に決まっている場合は、すぐにでもその会社の試験を受けに行けばよいですが、希望する転職先が見つかっていない場合は、転職サイトに載っているたくさんの求人情報に目を通しましょう。

先程もご説明しましたが、高卒で就職した人はこれまで求人情報に目を通す経験をしていないため、良い企業かどうか判断できる力が備わっていません。

ですので、まずはハローワークや求人情報誌・サイトなどを活用して、できるだけたくさんの求人情報に目を通すことが大切です。

【STEP.2】 転職先を決めよう!

いざ転職先を決めようと思ったら、転職サイトで探すのがおすすめです。

転職サイトは、仕事を探しやすく作られているので、自分の希望に沿った仕事が早く見つかる可能性が高くなります。

ですが、地方になると求人数も少なく、なかなか希望する職種を見つけることができないかもしれません。

そんな時は、通勤に時間がかかるかもしれませんが、近郊のエリアで探してみたり、職種を変えてみたりと妥協点を作っていきましょう。

転職では、どうしてもこだわりたい部分だけを決めて探すことがポイントになります。

目的とする求人を見つけたら、すぐに応募しましょう。

「他にも良い企業があるのではないか…。」

と他の会社も吟味したい気持ちも分かりますが、ある程度絞り込むことが出来たら、とりあえずエントリーすることをおすすめします。

その理由は、公募している求人は採用者が決まっても掲載満了期間まで掲載され続けるからです。

他の求人票と見比べている間に、

「実はすでに他の就職希望者の採用が決まっていた」という可能性があるのです。

ですので、まずはまだ募集を行っているのかの確認をすることが大切なのです。

時間をかけてたくさんの企業を吟味し、最終的に決めた1社がすでに募集が終わっていたら、がっくりしてしまいますよね。

そうなると新しい求人を探そうという気持ちも落ちてしまうので、転職のモチベーションが低くなってしまいます。

【STEP.3】 就職試験を受けに行こう!

まだ求人募集をしていることが確認できれば、いざ採用試験に臨みましょう。

転職の際の採用試験は、面接だけという企業が多いですが、大手企業によっては筆記試験や実技試験なども行っているので、事前にどのような選考が行われるのかチェックしておきましょう。

後は採用結果を待つだけなので、無事採用が決まれば、晴れて新しい会社で働くことができます。

反対に不合格になってしまった場合は、次の企業を探すことになります。

高卒で工場勤務から転職となると、なかなか採用が決まらないということもあります。

その場合、他の企業を探したり、試験に何度もチャレンジしなければいけなくなるので、ストレス面で大きな負担がかかるでしょう。

そうならないためにも、採用試験は一社一社全力で挑むことが大切です。

【STEP.4】 工場の上司に辞めることを伝えよう!

転職も無事成功し、次の会社で働きだす時期が決まれば、現在働いている工場の上司に辞めることを伝えましょう。

転職活動が終わりホッと一息ついている頃ですが、最後のひと踏ん張りです。

会社を辞める際の理由としては、

「他にやりたい仕事が見つかったので、挑戦するために転職します!」

と言った、ポジティブな転職であることを伝えるようにしましょう。

「給与面や人間関係に不満があった」

と正直に伝えてしまうと、噂が広がり、上司や周囲の人から冷たく扱われる可能性がありますので、本当に辞めたい理由は隠しておくようにしましょう。

ドロドロとした状況から転職するより、円満に退職する方が清々しく次の会社で働くことができるはずです。

また、転職活動をまだ始めていない方の中には、

「そもそも転職活動をしていることを会社に伝えなくていいの?」

という疑問を持っているかもしれませんが、転職活動をしている段階では会社に伝える必要はありません。

転職先が決まっていない段階で転職活動をしていることを会社に伝えてしまうと、次のようなリスクが考えられます。

・辞めると分かれば、上司から雑に扱われる可能性がある

・転職できなかった際に会社での居場所がなくなる

この2つのリスクを避けるためにも、転職先が決まってから上司に報告するようにしましょう。

転職先が決まってからであれば、次の会社で働くまでの時間が短いため、上司から雑に扱われたり、会社での居場所がなくなったとしても、

「もうすぐ会社辞めるから気にしない!」

と気持ちにゆとりができ、我慢できるはずです。

そして、実際転職する人の多くは有給休暇が残っている場合がほとんどなので、全て消化することを踏まえると実質会社に行く日数はごくわずかになります。

 

高卒の工場勤務から転職したいなら早くした方がいい理由

 

「工場勤務から別の会社へ転職したい!」

と考えているなら、いち早く実行することが大切です。

不満がある工場で我慢し続けながら働いたとしても、あなたにとってプラスになることはほとんどありません。

精神面や身体面など、さまざまなところに悪い影響を与えてしまいます。

嫌な職場にいて辛い思いをするのであれば、新しい職場でのびのびと働くほうが良いですよね。

そして、転職を早くした方がいい理由はもう一つあります。

それは年齢の関係です。

高卒で工場勤務の人は、資格や人並み外れた技術を持っていないまま歳を重ねてしまうと、将来転職しようと思っても採用してくれる会社がほとんどなくなります。

厳しいことを言うようですが、採用側にメリットがありません。

特にガテン系の仕事や接客業などは、若い人材を中心に採用をする傾向にあるので、年齢が高くなればなるほど採用率は低くなってしまいます。

冒頭の方で「転職は難しい」という話をしましたが、転職の難易度は年齢に比例して上がり続け、35歳を節目に急激に難しくなります。

高齢の人を採用したいという企業はあまり聞きませんよね。

つまり企業が欲しい人材とは、仕事を覚えるのが早く、まだまだ伸びしろがある若い人なのです。

また、転職を早くすることで、違う分野で働いた時のキャリアアップにも繋がります。

若いうちからキャリアを積む方が、それほどその分野の知識や技術が身に着くわけなので、当然昇進のチャンスも多くなります。

正直なところ、高卒の工場勤務ではキャリアアップはなかなか望めません。

そもそも工場勤務のメリットは、比較的簡単な仕事で高収入が得られることなので、キャリアアップを望むべき職種ではないのです。

冷たい言い方をしますが、高卒の人はどれだけ頑張っても工場長レベルで頭打ちします。

世の中はそういう仕組みで成り立っているのです。

他の業種になれば、実力次第では正社員・管理職になることだって不可能ではありません。

大きな夢を持っているのであれば、工場よりも営業職や専門職、IT関係の仕事の方が叶いやすいでしょう。

 

高卒の工場勤務から転職する際の注意点

工業高校はバカにされる!?そんなこと無い理由を説明します

ここでは、工場勤務から転職する際の注意点について3つ挙げています。

3つの注意点に気を付けることで、

・辞めたあとの後悔をなくす

・転職が失敗しにくくなる

・次の仕事にスムーズに進める

という観点で役に立つので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

工場を辞めたい理由を整理しておこう

「工場勤務を辞めたい!」

「こんな会社絶対転職してやる!」

と思ったら、まずは「なぜ自分は工場を辞めたいのか」について、考えを整理することが大切です。

現在働いている工場の不満点について、頭の中だけで考えるのではなく、ノートなどに目に見える形で書き出しましょう。

給与・仕事内容・人間関係など不満に感じていることは全て、箇条書きでまとめていきましょう。

「辞めたい理由は頭の中で分かってるし、書き出すなんて面倒!」

という方もいると思いますが、気持ちや考えを書き出して整理することで、本当に自分は工場に向いていないのか改めて確認することができますし、どんな仕事が自分に合っているのか見出せる可能性があります。

実は、人間は頭の中だけで考えても整理が出来ず、同じようなことをぐるぐると頭で考えてしまうので、かえって効率が悪くなります。

また、辞めた後に後悔しないためにも、辞めたい理由をはっきりさせておくことが大切なのです。

工場を辞める前に退職後の計画を立てよう

工場を辞めたい理由を明確にしたら、次は退職後の進路を決定しましょう。

転職希望の場合は、転職サイトなどで求人情報を調べて、給与額や福利厚生など、自分が働きたい条件でどのような会社があるのか確認しておくと計画が立てやすくなります。

高卒で転職をする場合、良い条件を求めすぎると、あなたが住んでいる地元にはそのような優良企業がないかもしれません。

そうなると、できるだけ都市に近い近郊のエリアで探すことになります。

また、高卒で地元就職して現在実家暮らしの人であれば、転職をきっかけに実家から離れ、一人暮らしを始めなければならないことも考えられます。

引っ越しや一人暮らしを始めるための家具・家電にはかなりお金がかかるので、その資金が用意できるのかしっかりと計算しておきましょう。

転職に失敗する人は、この資金繰りに失敗する人が多いのです。

そして専門学校などに入学したい場合も同様で、入学金や学費には多大なお金が必要ですので、希望する学校ではどのくらい費用がかかるのか確認しておきましょう。

転職に関する費用や学校に入学する費用が足りないと分かれば、ひとまず今の仕事をお金が貯まるまで続けるという指標を作ることもできます。

後腐れなく辞めよう

人間関係が原因で退職する場合は、職場の人と揉めてしまうことがあります。

しかし、そのときに最後だからといって愚痴を言ったり、雑な仕事をしたりせず、円満に退職するように心がけましょう。

その方が気持ち的も楽ですよね。

そして最後に、会社に退職の手続きをしてもらったら、会社に借りている物を返したり、反対に会社に私物を残さないようにして、すっきりと辞める準備をしましょう。

 

まとめ

ここまで、高卒の工場勤務から転職する方法についてご説明しましたが、高卒でも工場勤務から転職できることが少しでもお分かり頂けたでしょうか。

高卒であっても工場勤務であっても、転職は十分に可能ですし、転職すれば今よりも良い条件で楽しく働くことができるチャンスがあります。

転職はとても勇気のいることですが、現状に不満を抱きながら毎日を過ごすよりも、今とは違った未来を掴むために一歩踏み出すことをおすすめします。

人生の限りある時間の中で、大きな割合を占めるのが「仕事」です。

日本にはたくさんの仕事があるので、自分に合う仕事を見つけて、毎日楽しく生きましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク