MENU

    高卒で工場を辞めたい人が取るべき行動|高卒の僕が真剣に考えてみた

    高卒として工場に勤務していると、

    「給料が少なすぎる」

    「仕事内容にやりがいを感じられない」

    「労働環境が悪すぎる」

    「人間関係が悪いのに毎日一緒に仕事をしなくてはいけない」

    などの不満が尽きず、本気で工場を辞めたいと悩んでしまいますよね。

    僕も高校卒業後すぐに工場で働いているので分かるのですが、工場を辞めたい理由を挙げれば切りがありません。

    しかし、一度就職してしまった仕事を辞めるのには大きな覚悟が必要になります。

    この記事では、

    ・高卒が工場を辞めたいと思うきっかけ

    ・高卒が工場を辞めたい時に取るべき行動

    ・高卒が工場を辞めると将来どうなるのか

    について、詳しく解説していきます。

    現在、高卒で工場を辞めたいと悩んでいる方にはぜひ読んで頂きたい内容ですので、参考にしてみてくださいね。

    目次
    正社員経験3年未満で転職を考えている場合、「就職カレッジ®」がおすすめです。サービスは全て無料、正社員求人で書類選考無しで、就職成功率81.1%、入社後定着率91.3%の就職支援サービスです。WEB面談にも対応しているので、現在のお仕事に悩んでいる方はぜひ登録してみてください。⇨就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

    高卒が工場を辞めたいと思うきっかけとは?

    高卒で工場に勤めている人が

    「もう工場を辞めたい…。」

    と思うきっかけはさまざまですが、大きく分類すると5つに分けることができます。

    ここでは、高卒で工場勤務をしている人がどんな理由で辞めたいと感じるのか、それぞれ説明していきますね。

    体調不良

    工場を辞めたい理由として最も多いのが体調不良です。

    「体調」と一口に言ってもさまざまで、身体的なものから精神的なものまであります。

    工場勤務は、基本的に立ち仕事や肉体労働がメインで、特に交代勤務制で夜勤を行っている工場などでは、体調に支障をきたす人も多くいるのが現状です。

    周囲の人は、

    「若いから大丈夫!」

    と言う人もいますが、慣れない作業を毎日繰り返せば体に負担となり、回復する暇もなく体調を崩していってしまいます。

    特に腰、腕、肩は痛みが出やすく、仕事に慣れていないときは、筋肉の使い方が分からずに痛めてしまうことがよくあります。

    また、痛みがあることを「筋肉痛」だと決めつけて、市販の湿布を貼るだけの処方をする人もいますが、筋を痛めてしまったまま仕事を続けると、将来的にも体への負担を重くしてしまう危険性があるのです。

    さらに工場によっては、空気が悪く、肺などの内蔵を痛めてしまうこともあり、ひどい場合にはアレルギー反応が出たり、重い病気を引き起こすこともあります。

    そして意外と多いのが、人間関係などでストレスが蓄積し、そこから病気へとつながってしまうケースです。

    仕事をしていなければ体調も安定しているのに、仕事となると途端に体調が悪くなったり、体が動かなくなったりと言った症状が見られ、仕事が続けられなくなるということもあります。

    こうした精神的なストレスが溜まってしまうと、精神的に重い病気になってしまうことも十分考えられます。

    そうした場合、転職にも不利になってしまうので、できるだけ早くその職場を離れなければいけなくなってしまいます。

    仕事に対して充実感がない

    就職活動をしているときは、求人票の「製造」という文字を見て、やりがいに満ちたものだと考えていた人もいるでしょう。

    また、何かを作り上げることが好きで工場勤務を希望したという人も多いですが、実際働きはじめてみると

    「毎日同じ作業ばかりを繰り返してつまらない!」

    「達成感もないし、やりがいを感じられない…」

    などと思うようになります。

    働き始めの頃は、今まで見たことの無い道具を使って作業をすることなどに新鮮さを感じられますが、仕事内容を一度覚えてしまうと、他に目標を立てられるような仕事がなく習慣化してしまいます。

    つまり、工場勤務には向上心を掻き立てられるような仕事がないため、仕事に対して充実感を感じられなくなるのです。

    中にはそのような作業が性に合っているという人もいますが、そうではない場合は大きなストレスになってしまい、少しずつ離職を考えるようになってしまいます。

    作業環境が悪い

    工場に勤めている人であれば、オフィス業務と比べると、工場はかなり特殊な環境であることが分かると思います。

    製品や部品、材料などを搬出入しなければいけないので、入り口が常に開放されている工場も多いのではないでしょうか。

    そのような工場では、夏は暑く冬は寒いというのは当たり前です。

    当然このような作業環境が悪い職場では、気温によって体調が左右されてしまいます。

    ほかにも機械の轟音で精神的に参ってしまったり、機械油独特の匂い、製品に使用する薬品の匂いに慣れないという人もいます。

    こうした環境で働き続けることは体調面でも精神面でも良いとは言えません。

    それだけでなく、作業内容によっては、一日働くだけで作業服がかなり汚れてしまうこともあります。

    油汚れや汗による汚れもあり、そういった部分もストレスになってしまうでしょう。

    職場の人との関係がうまく築けない

    工場には実に幅広い年代の従業員がいます。

    大規模な工場であれば業績も安定しているので、昔から毎年新卒者を歓迎しており、幅広い年代の人が働いていることも珍しくありません。

    一方、小規模な工場や業績が不安定な会社では、一定の世代に集中して従業員が多いというケースもあります。

    実際に僕が働いている工場では、50~60歳の従業員は多いですが、20~40歳はほとんどいません。

    このように工場では、幅広い年代の人が働いていたり、同年代がおらず目上の人ばかりの中で働かなければならないことがよくあるので、職場の人と話が合わず関係が築きにくいと言えます。

    「他人と話すのが苦手な人は工場で働くと良い」

    と言う人もいますが、毎日同じ人と仕事をしたり、閉鎖的な空間で作業を求められる工場では、他人とのコミュニケーションは必要不可欠になります。

    そして、職場での人間関係がうまく築けないことで、仕事に行くことすら辛くなってしまい、工場を辞めたいと考えてしまうのです。

    また、工場で働く際には単純作業だけでなく、精密な作業も求められます。

    製品として世に出す以上、一定の精度は求められる、適当にやってOKということはありません。

    そのため、ミスが多くなってしまったり、自分では納得できても他人からは不可を出されることもあります。

    このようなことが重なると、周囲との格差が生まれてしまったり、できる人と比べられるのでストレスが溜まってしまうこともあるのです。

    労働条件に不満がある

    高卒で就職をする場合、求人票に書かれている内容だけで企業の良し悪しを判断することは難しく、そのほとんどは実際に働いてみないことには分かりません。

    特に福利厚生や労働時間に関しては求人票と相違があることも多く、不満の原因になりやすいです。

    求人票には「残業なし」と書かれてあるのにも関わらず、働き始めたら周囲はみんな残業をしていたり、シフト制の職場では夜勤と通常勤務を無理に組まれてしまうケースもあります。

    就職してすぐの頃は、

    「先輩も残業をしているから自分もやらなければいけない!」

    と我慢するのですが、そのような状態が続いてしまうと少しずつ辛くなってしまい、工場を辞めたいという気持ちが大きくなるのです。

     

    高卒で工場を辞めたい人が取るべき行動

    高卒って人生終わりなの?そんなことない理由を高卒者が解説します

    世間一般の風習では、

    「会社を辞めるのは逃げだ」

    「辛くても我慢するのが仕事」

    という謎の正義感があり、それが原因で身体や心を壊す人が後を絶ちません。

    工場を辞めたいと思っているのに、辛い状況を我慢して身体や心を酷使してしまうと、それが原因で大きな病気に繋がるリスクがあります。

    一度大きく体調を壊してしまうと、なかなか前のような健康状態には戻りません。

    このような状態になると、あなたのことを大事に思っている人が悲しむことはもちろん、何よりあなたが一番苦しくなります。

    転職でも不利になりますし、働く意欲すらなくなるかもしれません。

    ですから、現在勤務している工場を辞めたいと考えているなら、早いうちに辞めるべきなのです。

    世間一般の正義感や周囲の目を気にしてまで自分を追い込まないようにしましょう。

    自分が楽しいと感じる仕事は何なのか、毎日楽しく生きるためには何をするべきなのかを考えることが大切です。

    工場を辞めることが決意できれば、次に上司へその旨を伝えるのですが、辞めることを引き止められることは実はよくある話です。

    「君がいなくなったら現場が困る」

    「シフトが回らなくなる」

    といった内容で引き止められるでしょう。

    そう言われてしまうと辞めにくくなってしまうのが人情ではあります。

    しかし考えても見れば、一人が辞めたくらいで会社が傾くことはありません。

    特に工場はたくさんの人が働いていますし、やるべきことはマニュアル化されているのであなたの抜けた穴はすぐに埋まります。

    例え、工場側が本当に困るとしても、あなたには何の落ち度も問題もありません。

    一人抜けたくらいで工場が回らなくなるような仕組みで操業してきた工場側が悪いのです。

    このように考えてみればこういった引き止めも振り払うことができるでしょう。

    そしてスムーズに辞めるためには、辞めた後の道を作っておくことが大切です。

    辞めることを聞いた上司は、

    「辞めてどうするの?」

    と聞いてくるでしょう。

    その時、辞めた後の進路が何も決まっていないと、先述したように引き止められます。

    すっきりと辞めるためには、

    「もう次の仕事が決まっている」

    と言い切るのが一つの方法です。

    もう先約が決まっているのであれば、無理に引き止めることはできなくなります。

    もしもまだ次の仕事が決まっていない場合は「親族に紹介してもらう」などの方便で乗り切れるでしょう。

    そして職場の人から辞めた後の話を聞かれたとしても、詳しくは話さないのもポイントです。

    なぜなら、どうにか辞めさせないようにと計画の穴を突いて、こちらの意欲を喪失させてくるからです。

    「自分は強い決意で退職する」という気持ちをしっかりアピールすることが大切です。

     

    工場を辞めたいなら転職するべき理由

    高卒のニートでも就職できるって本当?おすすめの仕事を紹介します

    今働いている工場を退職する時は、辞める前に次の進路を明確に決めておきましょう。

    工場を辞めたあとの進路の選択肢としては、

    ・新しい職種に転職する

    ・実家が経営している会社やお店があれば手伝う

    ・新しい仕事を始めるために専門学校・大学へ入学する

    などが挙げられます。

    ですが、やはり工場を辞めたいのであれば、僕は転職を一番おすすめします。

    なぜなら、一番手っ取り早く工場を辞めることができて、その後も経済的に安定した生活を送ることができるからです。

    転職する前までは現在の会社で働くことができるので、金銭面の心配は必要ありません。

    そして、自分の居場所がすぐに見つかることで気持ち的にも安心できます。

    あなたが若い方であれば、親御さんへ心配がかかることも少ないでしょう。

    一方、実家の手伝いをする場合は、個人経営のような小さなお店だとその後の転職活動で不利になる可能性があるので、実家の仕事を継ぐ覚悟が必要になります。

    また、専門学校や大学へ行く場合は、多額の入学金や授業料を払えるか、勉強を続けることができるか、学生期間の生活費を稼ぐためのバイトと勉強を両立できるかなど、たくさんの壁があることが分かります。

    僕の友人も、まさに工場を辞めて専門学校へ行きましたが、途中で辞めてしまい就職活動をしていました。

    やはり、一度社会人として給料をもらいながら仕事をしていた人が辞職し、学校へ通うとなると、途中で挫折してしまうリスクが大きいのです。

    このように、工場を辞めたいと考えているなら、転職をすることが一番安定した進路であることが分かります。

    転職先探しには転職サイトがおすすめで、求人情報を見ると本当に多くの職種や企業があることが分かります。

    現在の職種を活かした転職でもいいですし、全く別のジャンルの仕事に就くのもありだと思います。

    特に、転職は年齢が若ければ若いほど優遇されるので、あなたがまだ若いのであれば、どんな仕事でも視野に入れるべきです。

    「自分は工場勤務に向いていない」

    と思えば、接客業やオフィスワーク業など、全く違う職種を探すのも良いですし、

    「人間関係が嫌になっただけで工場勤務自体に不満はない」

    と思えば、工場と一口に言ってもかなりの種類があるので、別の製造業に転職するという手もあります。

    機械などを製造している業界だけでなく、食品、日用品などの市場で販売されている商品のほとんどが工場で作られていることを考えると、選択肢が多いことが分かりますね。

    現在働いている工場のどこに自分は不満を感じているのかをじっくりと考えていくと、自然と自分は何の道に進むべきなのかを見つけ出す事ができるはずです。

     

    やりたい仕事があるなら専門学校や大学に行くのもあり

    実際に社会へ出て働いてみると、自分に向いている仕事や、反対に向いていない仕事について少しずつ分かってくるものです。

    特に工場勤務は、

    ・対人関係

    ・肉体労働

    ・単純作業

    ・労働環境

    ・労働条件

    など不満を感じやすい要素が多くあります。

    ですので、自分が工場を辞めたい理由をはっきりさせておけば、「これだけは譲れない条件」として、次に就く仕事でストレスを減らすことに繋がります。

    工場勤務で対人関係が辛いと感じるなら、あまり人と話す必要の無い仕事を選ぶことが出来ますし、肉体労働が辛いならデスクワークができる仕事、労働条件が合わないなら自分が合うような職場を選ぶことができます。

    しかし、高卒の工場勤務から自分に合う会社に転職したいと思っても、その会社の応募条件には専門的な資格やスキルが必要であったり、学歴条件を満たせない場合は応募すらできないこともあります。

    専門的な技術がないことには仕事が務まらない会社や、「大卒以上」などの応募条件を設けている会社はまだまだたくさんあるのが現状です。

    そんなときは、工場を辞めていきなり転職するのではなく、専門学校や大学などへ入学するという道も選択肢に入れましょう。

    専門学校や大学には年齢制限はないので、やりたい仕事が決まっている場合には、人生一度きりですしチャレンジしてみるのありです。

    ですが、先述した通り、

    「将来この職種・会社で仕事をするために学校を辞めずに勉強する!」

    という覚悟を持って入学するようにしましょう。

    「いまさら学校に入学するなんて恥ずかしい!」

    という人がいますが、社会人から専門学校や大学へ入学する人はたくさんいるので、そこまで過剰に気にする必要はありません。

    高校の頃には将来自分がやりたいことがはっきり分からなかったという人は多いのです。

    考えてもみれば、勉強や部活動ばかりの生活をしていた学生に、いきなり自分がやりたい仕事など分かるはずもありません。

    自分のやりたいこと・なりたいものは、社会人経験を通して見えてくるものです。

    高卒であっても、工場勤務からでも「自分がやりたいこと」を確信してから進路を決めても遅くはありません。

     

    工場を辞めたいなら副業を始めるのもあり

    工場は多くのところでシフト制を採用しており、日によって時間が大きく空いてしまうことがあります。

    また、通常の昼勤務であっても、工場は比較的残業が少なく休日も多い傾向にあります。

    ですので、工場に勤務をしていて時間にゆとりがある方であれば、副業をおすすめします。

    「工場を辞めたいけど、次の職業が見つからない…。」

    という方は特に、転職先を決めるための判断材料として、副業によって別の世界をチラ見することができるのでおすすめです。

    接客や簡単な在宅ワークなどを経験してみて、自分がやれる仕事を探していきましょう。

    副業によってお金を貯めることが出来れば、専門学校や職業訓練校などにも通うことができるでしょう。

    資金があると、自分が将来やりたいことに対して一歩を踏み出しやすくなります。

    反対に、やりたいことがあったとしても、お金がなければその時点で立ち止まってしまう可能性が高くなります。

    つまり、工場勤務という立場は、他の仕事より副業がしやすい環境と言えるので、未来へ投資できるチャンスが多いのです。

    副業が成功すると、もしかしたら本業を超える稼ぎになるかもしれません。

    工場勤務のシフト制などを活用して、将来の幅を広げていきましょう。

     

    高卒が工場を辞めたいなら早く辞めるべき理由

    「工場を辞めたい!」

    と退職を考えているなら、行動をすぐに移しましょう。

    早く行動に移すべき大きな理由は「年齢」です。

    転職でも、進学でも、年齢は若いほうがその後の伸びしろが大きくなります。

    若いうちの転職であれば、採用もされやすいですよね。

    実際10代と20代で比べると、20代になってからの方が転職は厳しくなりますし、35歳を超えたときには転職先が見つからないという事態に陥る可能性もあります。

    特に高卒で前職が工場勤務となると、さらに転職することが難しくなってしまうのです。

    もう一つ若いうちに転職するメリットとして、新しい職場でも同僚から助けてもらいやすく、技術や知識を早く身に着けることができるので、早く一人前になることができます。

    一方で、歳を重ねてからの転職となると、

    「できて当然、分かって当然」

    と思われてしまうため、なかなか新しい職場で成功することは難しくなってしまいます。

    また、不満を感じている環境に身を置き続けてしまうと、いつのまにか役職が与えられ、転職しづらくなってしまうこともあり得ます。

    気がついたら管理職になり、辞めるに辞められずただストレスが溜まっていくという最悪な状況になるのです。

    そうならないためにも、辞めたいと思ったらできるだけ早くそのことを伝え、新しい道に進むことをおすすめします。

    後々のキャリアップや、だんだんと転職しづらい環境になることを考えると、早く転職するべきなのです。

    進学する場合も同じで、専門学校や大学を卒業後すると就職するわけですので、若い方が有利になります。

    また、専門学校や大学に通っている人は若い人が多いので、歳を重ねてから入学するより、若いうちの方が気持ちの面でも楽でしょう。

     

    高卒が工場を辞めるメリットとデメリット

    「工場勤務を辞めよう!」

    と心に決めたとしても、

    「高卒なのに今の仕事を辞めて後悔しないかな…」

    と心配になってしまいますよね。

    特に初めて会社を辞める場合は、誰でも不安になってしまうものです。

    工場を辞めたあとに後悔しないためには、「工場を辞めると自分の将来はどうなるのか」について、はっきりと理解しておくことが大切です。

    ここでは、高卒が工場を辞めるメリットとデメリットをご説明していきますね。

    メリット

    1.新しい職種を見つけることができる

    工場勤務を辞めると、自分がやりたい仕事や自分が適していると思う職種に就くことができます。

    そうすれば、身体的にも精神的にも無駄なストレスを抱える事なく、健康的に長く働き続けることができるようになります。

    新しい職種で働くことで、今よりも充実した日々を送ることができるでしょう。

    2.必要なスキルを磨ける

    工場勤務で得られるスキルは、決められた時間の中で作業ができるようになることで、特別なスキルを必要としない作業も多くあります。

    つまり、工場ではそこまで大きなスキルは身につかないので、転職の際に不利になってしまうのです。

    しかし、工場を早く辞めて自分が興味のある職種に就くことで、自分が必要とするスキルを十分に磨くことができます。

    3.キャリアップできる可能性がある

    工場勤務のメリットは、年功序列で賃金が少しずつ上がり、仕事内容も一定なので安定して働くことができることです。

    しかしこれを裏返せば、どれだけ優秀な人でも出世がしづらく、大幅な給料アップが見込めないということになります。

    これでは仕事のモチベーションも上がりませんよね。

    その点、工場を辞めて新しい職種に就けば、自分の能力次第で大幅な給料アップやキャリアアップが狙えます。

    特にIT企業では、学歴よりも本人の能力を評価する傾向にあるのでおすすめです。

    これは、これから伸びる市場だからこそ、知識や技術がある人材には多額のお金を払ってでも採用したいという背景があるのです。

    デメリット

    1.給料が下がる

    工場勤務の旨味と言えば給料の高さでしょう。

    辛い職種と言われますが、給料は他の業種や職種と比べても高い傾向にあります。

    転職してすぐの頃は、工場勤務よりも手取りが少なくなることは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

    ですが、転職先が個人の能力で評価してくれる職種であれば、頑張り次第では工場に勤めるよりも高い給料をもらうことが可能になります。

    2.安定した仕事がなくなる

    工場勤務はある程度安定した業種と言えます。

    自動車工場や食品工場、製鉄所などさまざまなジャンルがありますが、大手企業であればあるほど安定します。

    大手企業であれば経営も傾きにくく、すぐに倒産することも考えにくいですし、リストラされる可能性も少なくなります。

    ですので高卒の場合は特に、大手企業で仕事をしているという安定感は最大の魅力と言えます。

    また、高卒を採用している大手企業は製造業の工場勤務ばかりなので、工場を辞めて別の会社に転職となると「安定」は手放さなくてはならないでしょう。

    3.休みが減る可能性がある

    メーカーの工場の多くは、休みが多く設定されています。

    土日祝が休みの工場もありますし、シフト制の工場だとカレンダー通りに休むことができます。

    しかし、サービス業や個人が相手の営業職の場合は、工場勤務と比べると休みが少なく、残業も多い傾向にあります。

    仕事より休みを充実させたい方は、工場辞めると後悔してしまうでしょう。

     

    まとめ

    kosotu-yametai3

    工場勤務として働いてると、仕事内容に不満を抱えたり、人間関係が上手くいかず、何度も辞めたいと思ってしまいますよね。

    ですが高卒の就職先として工場勤務というのは、高卒で他の業種に勤めるよりも給料が高く、安定しているので、できれば続けておきたい職種です。

    しかし体調や精神を崩してまで続ける必要はもちろんありません。

    あなたが工場勤務を辞めて転職したいと少しでも思っているなら、体調や精神に悪い変化が起きる前に行動しましょう。

    不満を感じている工場で人生の大部分の時間を過ごすより、新しい環境でのびのびと働いた方が毎日楽しく幸せに暮らせるはずです。

    世の中には、もっとさまざまな仕事で溢れています。

    その中で必ずしも工場勤務でなければいけないという理由はないですし、やりたい仕事があるならなおさら行動するべきなのです。

    工場勤務を本当に辞めたいと感じた時は、別の道があることを思い出し、万全の体勢ですっぱりと辞めてしまいましょう。

    最後までお読み頂きありがとうございました。

    この記事を書いた人

    工業高校を卒業し、現在は機械設計を行っている二十代。
    主に自分の経験を元にして、高卒、工業高校に関する記事を書いています。

    目次
    閉じる