工業高校の電子科の就職先|授業内容やおすすめの資格含め解説します

工業高校にある「電子科」とはどのような学科で、どんな就職ができる学科なのか疑問に思っている人はいませんか?

「電子科と電気科の違いが分からない!」

「電子科では具体的にどんな勉強をするんだろう?」

「電子科の就職先はどんな企業なんだろう?」

このような疑問について、この記事では分かりやすく解説していきます。

電子科に興味がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

学科選びの最中の方は、将来自分がどんな仕事に就きたいか、どんな事を学びたいかなどを考えて選んでいきましょう。

スポンサーリンク

工業高校の電子科の就職先とは?

工業高校の電子科の生徒が就職する企業の多くは、工場や機械の製造業などがあります。

資格を取得していない場合であれば、製造現場で機械の組立を行ったり、機械の修理を担当する部署に就くこともあります。

オフィスビルなどで機械が壊れた場合の点検業者も電子科出身の人が多いです。

点検業者の場合も、コピー機やパソコンなどの小さい機械からエレベーターやエスカレーターなどの大きな機械まで幅広くあるので、就職先は多数あるのが特徴です。

電子科では在学中にさまざまな資格を取得する事ができます。

特殊無線技術士の資格ではラジオや携帯電話、無線機など電波を使った会社に就職することも可能です。

特に昨今では携帯電話や無線電波が基本ですので求人数も多いでしょう。

電子科の就職先の多くは現場系や外回り系のものが多い印象がありますが、事務関係や特定の場所でのみ作業する仕事もあります。

電子科出身でもデスクワークの職に就くこともあります。

それがシステムエンジニアです。

コンピュータを使った資格も多数あり、それを取得している場合はシステムエンジニアとしてIT企業へ就職する進路も多くあります。

電子科のある工業高校の進路先を調べてみると日本でも有名な企業に就職した例もあり、これからも発展する技術なので安定した職が欲しい人に人気です。

もちろんIT企業は収入も多い仕事で、成果次第ではスピード昇進なども夢ではない上、経験を重ねれば自分で会社を立ち上げるという例もあり、見逃せない仕事です。

最近ではプログラミングを小学生の頃から授業に取り入れるということも始まっており、電子科で本格的なプログラミングの授業を受けるのも大きなメリットがあります。

IT企業に興味がある方はこちらの記事がおすすめ!

【高卒がIT企業へ就職するにはどうしたらいい?未経験でも大丈夫!】

 

電子科と電気科の違いとは?

工業高校にはさまざまな科があり、それぞれに学ぶことが違ってきます。

大体の学科は名前を見ればどんなことを学ぶのかという方向性を理解することができると思いますが、中学生が志望校を選ぶ時に迷ってしまいがちなのが「電子科」と「電気科」の2つです。

見た目だけでは同じような学科に見えるこの2つの学科ですが、実は全然違う分野になります。

それぞれの学科を説明していきますね。

電子科は何を学ぶ学科?

電子科というのは電気を使った機械などを学びます。

電気をどのように利用して機械を動かすかを勉強したり、電波などの取扱いも学びます。

また、電気を使う機械全般の勉強も行い、機械のシステム面や基盤などの勉強などを深く掘り下げていくのです。

近年では電気が主力のエネルギーとなっているので勉強する幅も広がっている傾向にあります。

特にIT社会となった現代ではプログラミングの勉強も増えており、コンピュータ言語の授業や情報処理の授業を増やす傾向にあります。

コンピューターシステムの授業も行うので、これからのIT技術を本格的に学ぶことができ、実際に就職にも有利になります。

卒業後も工業高校の電子科で学んだというのは大きなスキルになり、転職にも有利になるでしょう。

現場では比較的小さい電気の取扱いを行うので「弱電」と呼ばれる事もあります。

電気科は何を学ぶ学科?

電気科は電気自体の仕組みを学ぶ学科です。

電気ができる仕組みやそれを供給する方法などを中心に勉強します。

電子科は身の回りの電気を使った機器を取り扱うのに対して、電気科はその機器が安定して使えるように電気を操作するものです。

電気科では実習や実験も多い授業で、高校とは思えないほど本格的な授業を行うため、他の学科よりも偏差値が高い傾向にあります。

電気科では第二種電気工事士や第三種電気主任技術者などの資格を取得することもできるので、これを目的に電気科へ入学する人もいるくらいです。

現場では比較的大きい電気の取扱を行うので「強電」と呼ばれる事もあります。

電気科に興味がある方はこちらの記事がおすすめ!

【工業高校の電気科の就職先とは?授業内容も含めて解説します】

電気科で取得できる資格はこちら!

【電気科で必ず取るべき資格|就職で有利になる資格を教えます

 

電子科の授業内容とは?

工業高校ではどの科であっても基本的に「座学」と「実習」があり、それぞれに時間割を作ってバランスよく授業を行います。

「座学」では専門分野の授業も当然行うのですが、基本5教科の普通科目の授業も行います。

また、体育や家庭科といった教科の授業も行われます。

1年生では電子工学の基本的な知識を勉強します。

中学生の頃から勉強をしてきた人はほとんどいませんので、基礎の基礎から勉強します。

ですので、これまで全く電子工学に興味のなかった人も1年生でしっかりと知識を得ることができます。

2年生では基礎を使った応用を勉強します。

実験や実習が増えたり、時には現場へ見学しに行くこともあるでしょう。

自分が学んだ分野が社会ではどのように使われているのかを実際に見ることで、自分の将来の目標を見つけ出せるきっかけになります。

3年生では選択授業なども増えていき、自分の興味のある分野を専門的に行う学校もあります。

電子科であれば機械の仕組みや製造過程を勉強する分野もあれば、パソコンを使ってプログラミングを勉強する分野もあり、自分の得意な分野・興味のある分野を伸ばすことができます。

3年生になると基本的に進路に向けて行動を始めます。

この時もっと本格的に勉強をしたいのであれば大学へ進学という道を取ることもできますし、自分の目的とする企業を探し始めてもいいでしょう。

電子科の実習はどんな感じ?

実習では座学などで教わった技術を実際に自分で体験してみる授業を行います。

回路を組み立てて本当に機能するのか、パソコンでプログラムを組んで動かしたりといった基礎の応用を求められます。

座学の知識も大切ですが、こうした実技を行うことで身体にしっかり理解させるのが目的です。

実際、座学ではあまり理解できなかった内容でも、実習をしてみたらすんなり理解することができる人も多くいますので、あまり気負わずにゲーム感覚でやってみるといいでしょう。

地域に密着した授業も

学校によっては地元のイベントなどに学科で参加することがあります。

電子科であれば、地域のコミュニケーションセンターでおもちゃを修理するボランティアを行ったり、イルミネーションを飾って発表したり、課外授業として実際に電子工学を使った職業の人と一緒に作業することができます。

また、地元企業へ職場体験をすることで現場の雰囲気をつかみ、進路の参考にすることもできます。

その企業が気に入ればそこに求人をお願いすることもでき、これは工業高校ならではのコネクションだったりします。

 

電子科でおすすめの資格

電子科では高校生ながら多数の資格を取得することができ、授業でもその資格取得の勉強をしています。

参考書はもちろん、専門教師に直接教えてもらいながら資格試験ができるので、卒業後独学で試験を受けるよりも気軽に受験して合格できます。

資格試験の申込みは意外と面倒な部分もありますが、在学中は学校がまとめて申し込んでくれますので、そこも在学中に資格取得をおすすめするポイントです。

それでは電子科で取っておきたいおすすめの資格をご紹介していきます。

電子機器組立技能検定(2級、3級)

機械の組立を行う検定です。

ハンダ付けや回路の組立など機械の基礎知識と技術を必要とする検定です。

比較的合格しやすいので学校によっては3級を必ず受験させるというところもあるようです。

情報処理技術者

コンピュータを利用してシステムなどを作る技術を求められる資格です。

情報処理技術者にはいくつか分野があり、「ITパスポート」ではネットワークの仕組みに関した試験が行われ、「基本情報、応用情報」ではシステムの設計や開発、C言語などかなり高度な技術の試験が行われます。

どちらも国家試験ですので、取得できれば就職に大いに有利となります。

危険物取扱者(乙種4類)

ガソリンなどの危険物を取扱資格検定です。

能力によっては他の種類の検定を受ける事も可能です。

この資格も取得しておけば将来的に職種が増えるのでおすすめです。

工事担任者

電気工事に関する検定で、電気工事を行う際はこの資格が必ず必要となります。

工事担任者の資格もいくつか種類がありますが、どれか一つでも取っておくだけでも就職にかなり有利になります。

企業によっては即戦力として働くことができるので、高卒でもかなりの給料をもらえるケースが多いのです。

陸上特殊無線技師

基本的な無線を取り扱うために必要な資格です。

現在でも消防署や自衛隊、警察では無線を使った通信を行っていますので、この資格を持っていれば国家公務員として働きたいという人に大きなメリットになります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク