高卒がホワイト企業に就職する方法|高卒就職の実態含めて教えます

高卒で就職を希望する場合、初めての就職ということもあり、できる限り良い企業に勤めたいと考えますよね。

しかし、いわゆるホワイト企業と呼ばれる優良企業で働きたいと考えていても、高校生の立場からではどういった会社がホワイト企業なのか判断することは難しいと思います。

そして何より、就職を斡旋してくれる高校の先生であっても「ここはブラック企業だから辞めておけ!」なんてことはあまり教えてくれません。

これはなぜかというと、学校は就職希望の生徒全員を就職させることで「就職率100%」ということを校外に宣伝できるからです。

高卒就職を考えている中学生は、就職率が良い高校に入学したいと考えるので、志願者が多くなることは学校側の地位や経済面にとってメリットになります。

このように「就職率が良く、就職希望者の全員就職を目指している学校」から就職を考えている場合は、自分が行きたい企業が本当にホワイト企業なのかどうか見極める方法を身に着けておかなければいけません。

私は実際に、工業高校から高卒就職で大手企業ではありませんがホワイト企業へ就職しましたので、僕の経験を元に「ホワイト企業かどうか見極める方法」をご紹介していきたいと思います。

高卒就職を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

高卒でホワイト企業に就職したいなら新卒で大企業を狙おう

ホワイト企業と言われているのはやはり大手が中心です。

大手企業はさまざまな規模が大きい分、給与面だけでなく福利厚生などにも力を入れていますし、人事にも余裕を持っています。

働いている人が多いということは、その分新人教育のレベルも高く、働きやすい環境を知っているのです。

そうすることで、高卒で就職の道を選んだ人にとっては安心して仕事を覚える事ができますし、その仕事を長く続けることができます。

この部分は実際に働き始めてからでないとわからないので、高卒の人が最初につまずくポイントでもあります。

そのため、高卒でホワイト企業への就職を希望する場合には、できるだけ大きい企業を選ぶようにしましょう。

特に工業高校・商業高校には大手企業からの求人も多く集まります。

技術系の会社は即戦力として働いてもらえる工業・商業系の高校卒業生を求めますので、普通科高校には求人を出しません。

よく「工業・商業系の高校は就職に有利」と言いますが、大手企業からオファーが来やすいという点に着目されているのです。

高卒であっても新卒生であれば仕事の吸収も速いですし、動きも良いので現場系の企業では重宝されます。

現場系の仕事は就職当初は研修期間として通常よりも低い賃金となることもありますが、仕事をこなしていけば数カ月後には他の人と同じ賃金をもらえる場合もあります。

同じ技術系の企業であっても、大手企業をおすすめする理由は、個人の能力で昇給を判断することもあるからです。

 

高卒でホワイト企業に就職したいなら大企業のグループ会社がおすすめ

日本には数多くの企業が存在しますが、その中でもグループ事業を行っている会社はホワイト企業である確率が高くなっています。

グループ展開を広く行っているような会社であれば、さまざまな職種の社員を抱えているので、人によってどのような待遇をすればいいかという判断がつきやすくなっています。

そのため、職業別に福利厚生の内容を変えることでより働きやすい環境を作っています。

また、大企業の傘下である会社でも、この福利厚生制度は同様に適用されます。

会社自体の規模が小さくても、元の会社が大企業であれば働く上でこんなに大きいメリットはありません。

働きやすい環境というのはやはり福利厚生が重要になります。

代表的なもので言えば保険制度です。

同じ会社内では同じ保険に加入することが多いのですが、オフィスで働く人と現場で働く人では労災の規模が違います。

その場合、同じ金額の保険では得られる補償額が少なくなるというデメリットが発生します。

大手企業になると、加入する保険もその業務内容によって変化しますので、その人に必要な保険に入ることができるので安心して働くことができるようになります。

また、大手企業では子育て支援などを積極的に行う傾向にあります。

高校卒業の時点ではあまり関係ないと思うかもしれませんが、子育て支援などがきちんと整備されている会社であれば、結婚する時にも同じ会社で働けるというメリットになります。

中小企業では育児休暇などの制度がなく、結婚して子供が生まれた場合に働き続けるのが困難になってしまうというケースもよく見られます。

ですが、求人票に書かれてある福利厚生の内容を見てもピンと来ないかもしれません。

そんなときは保護者や周囲で働いている人などに福利厚生の内容を確認してもらいましょう。

社会人として働く上で「この制度があればうれしい」という内容が記載されている会社ほど、ホワイト企業と考えられます。

 

高卒でホワイト企業へ就職したいなら就職先に合った資格を取得しよう

高卒で就職を選ぶ場合、資格を保有していると有利になる場面が多数あります。

特に技術系の高校であれば、学業の成績ももちろん重要視されますが、保有している資格が難易度の高いものだとかなり注目されます。

特に、現場ですぐに使えるような資格は、即戦力として活躍できると考えられますからね。

ホワイト企業に就職したいと考えるのであれば、資格を取得して他の人よりも一歩前に行きましょう。

そこで就職に有利な資格を重点的に紹介していきたいと思います。

まずは「自動車免許」です。

高卒就職を考えている人は、高校を卒業する前に自動車学校へ行って運転免許を取得するという人が大半ですが、これは就職に有利になります。

車を運転することができれば、営業などの仕事もできるようになりますし、車を運転できることで業務可能な種類も増えてくるので、企業としては採用するポイントに加算します。

また求人内容によっては運転免許の所有を応募条件にしているところもあるので、過去の求人票から気になる会社が運転免許を条件に挙げていないかチェックしましょう。

技術系の職業になると、フォークリフトや溶接、危険物取扱者、電験三種などの資格があれば特殊な業務にも就けるので重宝する傾向にあります。

こういった特殊な業務になれば手当が付き、収入アップにも繋がります。

大手企業であれば、グローバル化を計画している会社もあります。

グローバル化になって重宝されるのは、やはり語学に堪能な人材です。

特に英語は世界でポピュラーな言語ですので、英語力がある人材は採用されやすいのです。

工場勤務の会社であっても、近年では外国人労働者を積極的に受け入れているので、現場にも語学に堪能な人が求められます。

IT系の企業に勤めたいと考えている場合は、プログラムの資格や情報技術の資格を持っていると採用率がアップします。

特にプラグラマーとして必要な知識を持っている場合は即戦力として認められるので、多くの企業に必要とされます。

現代ではプログラマーやシステムエンジニアなどが足りないとも言われていますので、狙い目の資格だと言えます。

プログラマーやシステムエンジニアに興味がある方は、こちらの記事がおすすめです。

【高卒でもシステムエンジニアやプログラマーになれるの?】

 

高卒がホワイト企業に就職するメリット

高卒でホワイト企業に就職すると、多くのメリットがあります。

まずは長期間同じ企業で働きやすくなるということです。

ホワイト企業は社員に長く働いてもらうための制度を多く取っているので、何年も同じ会社で過ごすことができます。

同じ会社に長い年数働くということは昇給・昇進の可能性が高くなりますし、将来性も見込めます。

もしもブラック企業に就職してしまった場合、一度退職して転職を考えても最初の企業の印象が強く残っており、次の企業になかなかチャレンジできなくなることもあります。

ブラック企業では精神的にも辛い部分がほとんどですので、人間不信になったり労働意欲をなくしてしまったり、または体調が悪くなりすぐには働けないという状況も招きかねません。

ブラック企業に入ってしまうということは将来も暗くしてしまう可能性があります。

また、ホワイト企業はそれだけで会社のイメージが良いものです。

そのため、就職先としてホワイト企業を選べば保護者が安心して送り出すこともできます。

もちろん学校側としても優良会社への就職ができたとして実績を残す事ができるのです。

最後に挙げられるメリットとしては、大手企業でさらにホワイト企業である場合、自分の実力を試すチャンスが増えるということがあります。

大手企業である場合、さまざまな事業展開を行っていたり、外部からの取引相手が多い分、違った業界を見ることができますので、自分の力を試せそうな場所を見つけることができます。

これは高校生の時には決して理解できない部分になります。

よく「自分のやりたいことを探してとりあえず大学へ進学する」という人もいます。

しかし大学はあくまでも猶予期間のようなもので、本当にやりたいことを見つけられる人はほんのわずかでしょう。

僕が高卒就職した理由として、収入を得ながら自分のやりたいことを探す方が、大学進学するより現実的で可能性があると感じたからです。

 

高卒でホワイト企業に転職したいなら若いうちに

工業高校の進路に悩んだときの考え方|進学か就職どっちを選ぶべき?

どんなに多くの知識を得ても、実際に就職できる会社が自分に合わなければホワイト企業と呼べません。

その場合、一度退職してホワイト企業に転職することを考えるでしょう。

その時、

「新しく資格を取得しようかな…。」

「再就職先はもう少し落ち着いてから探そう!」

と思うかもしれません。

しかし、その考えは転職に不利になります。

転職の際にももちろん履歴書が必要となります。

その場合、最初の企業を退職後に、フリーターのような生活をしていると必ずそこに突っ込まれます。

ぼんやりしていると時間は早く進み、気づけば年齢も重なっているということになりかねません。

また、転職と言っても企業にとっては新人としての採用になるので、できるだけ若い人材を求めています。

最終学歴が高卒で22歳の人と、同じく高卒で20歳の人であればやはり若いことを理由に20歳の人を採用するでしょう。

年齢はごまかす事はできませんので、年齢差を埋めるためには専門資格などの固有資格を持っていることが重要になります。

 

まとめ

高卒で入ることができるホワイト企業は多数ありますので、「高卒はブラック企業にしか入られない」というのは大きな間違いです。

目的もわからないまま「とりあえず大学」という考えも悪くはないですが、大学卒業後に就職できるか、奨学金は返していけるかなどをよく考えた上で決定しましょう。

また、高い技術を必要とする仕事の場合は、大手企業であっても高卒の採用を積極的に行っています。

これは、入社時18歳から長い時間をかけて技術を習得してもらい、会社に貢献してもらいたいという期待が込められています。

高卒就職の場合は特に、ホワイト企業の特徴をよく掴んで働きやすい会社へ就職しましょう。

就職先選びは、あなたの将来を左右するので慎重に!

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク